久々の更新

ほぼ1年ぶりの更新です。更新できないほど忙しかった訳ではないのですが,やる気が起きませんでした。

 

去年は酷過ぎました。柴又100Kからさらに調子を崩し,夏以降ほとんど走れず。余りに調子が悪いので滅多に行かない病院に行って検査を受けた程です。でも悪いところはなし。それだけはほっとしました。

 

で,今年からは頑張るぞ!と思うも,初めから風邪をひき,トホホの展開。その後も低空飛行ながらようやくまともに走れるようにはなって来たところです。

 

で,これが来ました。

 

星が付いているのは,過去1回参加したということですね。去年よりは走れているので普通に走れれば10時間は切れると思います。

 

できれば9時間切りと行きたいところですが,調子に乗って失敗するのはいつものこと。時間はたっぷりあるので走り始めてから考えます。

 

それにしても去年は風が酷かった。6~7mくらいあったのではないでしょうか。無風とは行かないまでも2~3mで収まってくれると良いな~

まあ良いか

行ってきましたよ。柴又100K。結果はこれです。

 

遅い!遅すぎます。まあ,でも強風の向かい風の中で上りを30㎞以上走っているのでしょうがないかとも思います。疲れているので下を向いちゃってますしね。

 

思い起こせば2月中旬ころは強風の中だとたったの5㎞を歩いていたのです。そこからすれば,よくぞここまで!というべきなのでしょう。

 

いつものことですが冷静になってみればしょうがない。完走だって危ない状態から記録を気にするまでになったのだからまだ良いのでしょう。

 

で,当日はこんな感じ。押上げのホテルで撮ったものです。岩手銀河は夜明前に起きていましたから,これなら余裕ですよ。

 

会場はこんな感じ。

 

 

これは参加賞。Tシャツは貯まってしまうのでいらないのですが。消耗品のタオルの方が良いかな。

 

これはゴール地点。これから走るのですが。

 

これはゴール後。分かりにくいですよね。ライトが点灯しているので夕方です。

 

お約束の寅さん像ですが新しいのも。

 

これが,さくら像ですね。

 

寅さんはこちら。

前に来たときは結婚していましたが,そのときも1人。所詮そんなもの。そう言えば,あのちっこかった生物もどうしているやら。

 

ずっと1人で走ってきましたし,そもそもそうやって生きてきました。私はそういう生き物なのです。どうということはありません。もう会うこともないでしょう。どうでも良いことです。

 

私だけなら何とかできても,相手がいるとどうにもなりません。

 

そうなのです。どんなにつらくても自分一人ならどうとでなります。自分が頑張れば良いのですから。どうということはありません。だからこんな馬鹿みたいなことやっているのでしょうね。

 

話を元に戻すと,今回も記録はどうしようもないものでした。ですが,大会後の立ち上がりの状態は悪くありません。ここ3年で最も良いです。普通に仕事をして走っています。秋は記録更新かな。

 

前向きに生きましょう。明日に向かって走り出しますか!

今年はつまらない柴又

しばらくマラソンのことは書いていませんが,一昨年の調子を落としてからなかなか回復しません。ワースト記録更新とかあまりに酷いので書く気にもなりませんでした。

 

年のせいもあるかと思いますが,20代の実業団ランナーでも長くかかる人もいるので,マラソンで調子を戻すのは難しいのかもしれません。

 

それに加えて19年ぶりで1月にインフルエンザにかかってしまい,その後ハーフマラソンに出たら両脚のあちこちが痛くなり,完全に抜けるまで2か月以上かかってしまいました。

 

一時期はマラソンどこか5㎞を歩いてしまう程悪かった。それまでどうやって走っていたのか,走り方を忘れてしまう程でした。

 

おかげで1月の喜多マラソン,3月の古河はなももマラソンはどちらも棄権となりました。

 

で,久々の大会が6月4日の柴又100Kです。ここは荒川河川敷を,延々と柴又から杉戸(東武動物公園)まで登って帰っていくというコースです。

 

ゼッケンも送られてきました。ゼッケンは4枚。表裏2枚で着替えのシャツ用なのでしょうか。

例年ですと6月の関東は30℃超えで暑すぎ,何よりも河川敷は同じ景色が続くのでつまらないという理由から参加していなかったのがこの大会です。

 

ですが去年のいわて銀河マラソンで,山はきつすぎる,特に下りが脚にくるというのが分かりましたので,平地に戻したのです。まあマラソンは,本来,平地でやるスポーツなので山でやるのがおかしいのです。

 

それと調べてみたら柴又は公認大会なのですね。公認コースではなく,公認大会というのは分かりやすく言えば「正式な競技会」です。記録も正式なものとして公認なのですね。

 

コースは単調,退屈とは言え,ほとんどアップダウンがありませんから,普通ならすごく楽なはず。今年は気温もあまり高くないので,風が強くなければ何んとなかるでしょうか。

 

体調も去年程度には戻っていますので,去年並なら何とか10時間はきれるのかもしれません。とは言え,走ってみなければわからないのがマラソンというもの。

 

これも送られてきたもの。計測チップが2個。これも履き替えシューズ用でしょうね。私は履き替え予定はありませんが

 

これはドロップバッグ。50㎞のレストステーションで使ものを入れておきます。とは言え何を使うのか。去年は大したものは必要ありませんでした。親指の爪の下に肉刺ができたのでソックスを履き替えましたが,そうでなければ履き替えなかったでしょう。

 

こちらはオプションで500円を追加で払って使用するもの。念のたですね。

 

走ってみなければわかりませんが,せめて10時間は切りたいもの。でも練習量も足りないのでダメかも。最初のうちは無理をしないで様子を見て走るペースを決めます。

あっちもこっちも

先だってのフランス大統領選では,国民戦線のルペンという候補が決選投票に進みました。決選投票では大差で負けたとのことですが,その辺がトランプが勝ってしまうとアメリカの差なのかもしれません。

 

でも問題はそういうことではありません。そういう候補に投票するしかないという状況,それこそが問題なのです。

 

連合王国(日本ではイギリス。これはイングランドという一部分だけの名称。)のEU離脱だって同じことです。

 

根本的な問題は,「自由」貿易とかグローバリズムとかです。それで普通の人の生活が苦しくなっているのですから。

 

マスコミや「有識者」とやらの言う,自由貿易万歳とかグローバリズム万歳とは大嘘だと断言します。よくもそんな嘘を平気で言えるものだと。

 

自由貿易,グローバリズムとやらは1980年代から始まっているとのことですが,私の実感では2000年からです。それでも17年程経っている訳ですが,生活は苦しくなるばかり。将来への希望だってありません。

 

マスコミや有識者とやらは自由貿易やグローバリズムが不十分だという論調ですが,17年もやって駄目なら,そもそもそれが間違いではないかと疑うのが「知性」というものです。それどころか,そもそも自由貿易やグローバリズムが諸悪の根源だと思わない方がおかしい。

 

そう。彼らはおかしいのです。自由貿易とかグローバリズムとやらは競争をやたらと礼賛しますが,実際に競争している,させられているのは,現場で働いている普通の人です。マスコミや有識者とやらは実は競争をしません。他人に競争をさせて美味しところだけ持っていくだけです。

 

そもそも競争というのは辛いものです。年がら年中そんなことをやっていたら精神的にも持ちません。私の仕事は「競争」どころか「闘争」そのものですが,自分でやっているからその辛さは身に染みています。

 

やってみれば分かります。そんなことできる訳がないのです。私は何とかやっていますが,もう長時間は持ちません。木曜日はもう金曜日のような気がします。まあ仕事自体が速くなっていますし,それが経験だというのもありますが。

 

とにかく競争なんてものは,まともにやっていれば語るものではありません。私の経験では,本当はやっていない人間こそ「語り」ます。思い返すと例外はありません。

 

もう競争にはうんざりなのですよ。もっとはっきり言えば「競争させられる」ことにうんざりなのです。

 

正直な言葉は分かりやすいものです。そうでないものは嘘でしょう。

 

別な嘘を指摘しましょう。「働き方改革」は嘘です。それは「働かせ方」改革なのです。だって労働者は決められた条件の中で働くしかないのですから。

おかしいのはあんたたちなの!

最近はトランプ大統領の話で持ちきりです。しかも彼を評価する話は,全くと言って良い程ありません。はっきり言えば,悪口雑言の限りです。

 

確かに彼の言説は品があるとは言えません。かなり感情的でもあります。反感を感じるのも当然と言えば当然。私も決して好きではありません。

 

ですが彼の言っていることは,結構まともというか,間違いなく正しいと言えることが多いのです。

 

アメリカ第一。これって当然ですよね。だって彼はアメリカ合州国の大統領。自国や自国民を第一だというのは言う必要がないくらい当たり前のこと。アメリカ合州国大統領として大変誠実です。

 

この至極当たり前のこともマスコミや「有識者」と呼ばれる人たちは批判するのですから,呆れます。おかしいのはあんたたちなの!「有識者」なんて呼び方もおかしい。

 

移民や難民も受け容れたくないって,それも仕方ないでしょう。国民に余裕があるのなら受け容れても良いと思いますが,アメリカでも職がなくて困っている人もかなり居るとのこと。余裕がないのなら,その余裕のない自国民を大切にするというのなら,他の国の人たちを二の次のするのも仕方の無いことです。

 

アメリカ人の雇用を!というのも当たり前。だって職がなくては食べていけないではないですから。自由貿易,TPPなどという話で,人件費が安い国に工場が行ってしまう,アメリカ人の職がなくなったというなら,自由貿易などは反対するのも当然。雇用を守るというのも至極真っ当。

 

現実にも,トランプ大統領の話によって,いくつもの大会社がアメリカに投資する,アメリカ人を雇用すると発表しています。その数は,これまでの合計でも数十万人になっているのでしょう。まだ実現していませんが,実現すれば大変な成果です。何故,絶賛されないのか不思議でなりません。

 

いくつか指摘しましたが,このことは日本に当てはめても同じこと。日本の指導者が,日本第一,外国人よりも日本人,日本人の雇用を守る,そのためには自由貿易にも反対すると言って,雇用が増えれば嬉しくないですか?

 

逆に,自由貿易が大切だと言い,物の値段が上がるということを言う輩もいますが,そんなの出鱈目ですよ。いくら物が安くても職がなければ,収入がなければ安い物も買えません。地方では工場が減っています。或いは物が安くても賃金も安くなっているのではないですか。

 

実際,これまでグローバリズムという名前で自由貿易が強化されてきたことで,どの国でも労働者の賃金は下がっていて,特に若い人の失業率が高くなっているとのことです。しわ寄せは弱いところに来ているのです。

 

そういうところに反対だと言って出てきたのがトランプ大統領です。実は,反自由貿易,反格差などで指示を集めていた民主党のバーニー・サンダース議員の主張と共通するところも多いのです。

 

まああの言説では人間的に信用でないということもあるでしょうし,そもそも大富豪になったやり口自体怪しいということもあるでしょう。トランプ大学などは確か詐欺で訴えられたはずです。

 

しかし言っていることのかなりの部分は極めて常識的なことです。その部分を評価しないで反対ばかりするマスコミ,「有識者」。そちらの方が信用できません。

 

彼らが言うのはきれい事ばかり。そんなきれい事は嘘っぱちです。あんたたちこそ真っ当になりなさいよ!と言いたい。

 

意識してかどうかは分かりませんが,アメリカ国民は,そのことを分かっていたからトランプ大統領が誕生したのでしょう。今後どうなるかは分かりませんが,今のところは民主主義の成果が現れたということではないでしょうか。

良いことがない

ここのところブログの更新をしていませんでしたが,それは全くと言ってよいほど良いことがなく,更新する気力も湧かなかったからです。

 

マラソン関係では葛西以降,記録の更新は全くありません。とにかく調子が悪く記録は悪くなっていくばかり。

 

仕事の方は普通と言えば普通ですが,どうしてこれが終わらないの?というパターンが増えました。これは前にも書いた不思議な訴訟の別のパターンです。後で詳しく書きますが本当に不毛。疲れます。

 

そんなことばかり続いた挙句に,年末はスマートフォンを壊してしまうし,年明けには何故かメガネのフレームも壊れました。

 

恒例のハイテクマラソン(旧,谷川真理マラソン)では,シューズは忘れなかったものの何とインソール(中敷き)を忘れてしまい,インソールなしで走る破目に。何とか走ったものの肉刺を作ってしまいました。

 

そして最後にはインフルエンザにもかかってしまいました。インフルエンザなんて何と19年ぶり。この事務所を開設するとき以来です。前と違い発熱もそれ程ではなく何とかなりました。

 

本当に良いことがありません。インフルエンザで運が悪いのも打ち止めとなってくれれば良いのですが。

不思議でならない

いつもどうでも良いことばかり書いていますが,営業用の良いことばかり書くよりもましだと思っています。

 

①法律的に無理な事件,②法律的な部分はなんとかなりそうでも証拠がなくて勝てそうにない事件,③たとえ勝っても相手からお金が貰えそうもない事件,そして④何とか勝ってお金も貰えそうでも,そのための弁護士費用が掛かり過ぎる事件。

 

これらの事件は,お客さんからすれば弁護士に依頼してまでやる利益のある事件ではありません。とてもお勧めできません。

 

というか私はお断りしています。もっとも訴えられてしまった場合だけは別ですが。

 

ですが営業用に良いことばかり書いているのでは,このように利益がありませんよということは書けないでしょう。営業用というのは,どんどんいらっしゃいということであり,来てもしょうがないですよとは言えないからです。。

 

他の仕事はある程度しかたないでしょう。ですが紛争を解決するのが仕事の弁護士がそういうことをすると紛争は増えます。それも無駄な紛争が。

 

もっとも④のタイプの事件は弁護士費用の問題ですから,これを安くすれば何とかなるという人もいるでしょう。驚くべきことにそのようなことを言う弁護士もいるのです。

 

でもそれは出鱈目ですし,そのようなことを言う弁護士が本当にそれをやっていることはないでしょう。

 

そんなことをやって弁護士業が成り立たつ訳がないからです。我々も色々な支払があるのですから。無理なものは誰がやっても無理なのです。

 

ところが最近は①~④のタイプの事件が裁判になったりするのを目にするようになりました。もっとも勝てそうかどうかは見方にもよる面がありますから私が正しいと言い切るつもりはありません。

 

ですが③のタイプはどうでしょう。相手にお金がなければ貰えないのは誰から見ても分かることです。ところがそういう事件も目にするのです。

 

私たちの世界は良くも悪くも必ず結果が出ます。負ければそれまでですが勝った時の方が問題です。

 

勝ったけれども貰えない,それがお客さんに分かったときその弁護士は一体どうするのだろうと不思議でなりません。

葛西終了後

葛西臨海公園7時間走終了後は速やかに移動しなければなりません。大会自体は問題ないのです。いつも懇親会をやっていますし。

 

ですが私は懇親会には参加せず,すぐに移動して好きなものを食べます。いつもそうしています。ここは走るだけで十分。

 

ところがもう疲れ果てていて動きが緩慢でなかなか出発できません。でもそうは言っても,もうお店は予約していますし,大学時代の先輩と待ち合わせているで早く移動しないと。

 

そうして行った場所は北千住。アダッキオ(東京都足立区千住東1-29-12)というピッツェリアです。

 

最近は北千住も大分お店ができて来てテレビでも取り上げられるようになってきましたが,今まではただの乗換駅。良く分かりません。ちょっと迷いました。

 

で,これがお店。北千住にしては少し洒落た感じ?

20160724-11

 

お腹も減っているので早速注文。まずは前菜。パタティーネ。イタリア風のフライドポテト。

20160724-12

 

ゼッポレ。ふわふわした感じの青のり入りのフライ。

20160724-13

 

サルシッチャ。イタリア風ソーセージ。結構辛いです。実は走っている最中に売店売っていたフランクフルトソーセージを食べたくなったのです。できませんでしたが。

20160724-14

 

で,これがピッツァ。定番のマルゲリータですが水牛のモッツァレラチーズの乗ったやつ。サイズは小さめですが,この日は胃も疲れていたのでちょうど良かったです。美味しい。

20160724-15

 

マイス。トマトソースなしでハムが乗っているやつです。結構耳が大きいので気に入りました。

20160724-16

 

料理は美味しく,雰囲気も悪くありません。地元の人たちが家族連れで来ていました。地元で愛される店というのは良いお店だと思います。

 

 

この日はちょうど良かったとは言えピッツァのサイズが小さいので,大きいのが好きな私には微妙なところがあります。ですがまた行ってみたいお店ですね。駅からは少し遠いですがお勧めです。帰りの電車の時刻ぎりぎりまで飲んでいられますしね。

ちょっと嬉しい ー葛西臨海公園7時間走ー

行ってきました。毎年恒例となっている葛西臨海公園7時間走。

 

いつものことですが人はほとんどいません。

 

20160724-02

 

20160724-03

 

ここに来ると,ああ夏なんだなといつも思います。

20160724-04

 

20160724-06

 

7時過ぎとまだ早いので会場の設営もまだ完了していません。これも去年どおり。

20160724-07

 

今年も去年と同じ場所に陣地を確保して文庫本を読みながら1時間半以上スタートを待ちました。去年と違うのは調子が少し戻っているのと無理をしないという気持ち。できる範囲で良いかと。

 

で,結果はこれ。

ー  総走行時間    実走行時間     走行距離   累積高低差   総ペース    実ペース -

6:59:19 6:32:08 72.13 730 5:49 5:26

 

今年は小休止はありましたが7時間きっちり走り切り念願の70㎞越えを達成しました。

 

総走行時間と実走行時間の差の27分が止まっていた時間ですが,給水,給食,トイレの時間も入っているので休んだ時間はそれほど長くありません。悪くはないのですよ。

 

でも本当は80㎞を目論んでいました。ですが8周32㎞辺り(1周4㎞)で,ペースが落ちてきたので,こりゃ無理だわと諦めたのでした。

 

それでもその時点では76㎞(プラス20分の余裕)は行きたいと思っていたのですが,どんどんペースが落ちてきて実際は72㎞がぎりぎりでした。そして最後まで走っていたのが私。

 

まあ去年よりはマシとは言え決して体調が良い訳ではなかったので十分な成果と言うべきでしょう。70㎞越えも初めてなのですから素直に喜ばないといけません。

 

そしてこれが終わった後。余り日焼けしていません。焼けてはいますがこれは前からのもの。今年は気温も低く走り易かったせいでしょうか。

20160724-08

 

すっかり夕方ですね。

20160724-10

 

ところで結果をネット検索してみたら東京新聞のWeb版に載っていました。こんなローカルな大会,というより練習会が載るなんてと思ってみると。

 

何と3位になっているではないですか。20周80㎞が1人,19周76㎞が1人,18周72㎞が4人となっていて名前も載っていました。最後まで走っていたので3位の中では一番遅かったはずですがね。でも正直ちょっと嬉しい。

 

これまで不調続きでワースト記録を更新していただけにこういうのはとても励みになります。この調子で秋からのシーズンでは景気よく自己ベスト更新といきたいものです。

散々だったー岩手銀河チャレンジマラソン

かなり前になってしまいましたがまた行ってきました。岩手銀河チャレンジマラソン。結果これ。

20160612

9時間を切るどころか11時間20分以上もかかってしまいました。こんな時間から準備して走ったのに。

20160612-02

岩手銀河はスタートが朝4時ですから3時くらいには会場に到しておく必要があります。走るのにも色々準備がいるのです。そうなると起きるのは夜中の1時30分くらい。寝る時刻をいつにするかとか食事をいつ取るとか結構調整が大変です。

 

そうしてまでしてこの結果なので悔しい気持ちはあります。とは言え,例によって調子は良くない中,練習もほどほどであったことを考えると仕方がないかとも思います。

 

何より私の苦手なアップダウンが多いコース。というより道路上のコースとは言え,これはもう山岳競技。累積高低差も900mはあります。もうマラソンと言って良いのか疑問でもあります。

 

実際50㎞くらいからは凄い上りだったこともあって歩いてしまったのですが,さあ下りと思っても脚が前に出ません。上りが終わったところで脚が終わっていたのでした。上りもそうですが下りでも脚へのダメージが大きかったのですね。

 

特に大腿四頭筋のうち膝上の内側の部分が酷く,ぴくぴくしていました。もういつ痙攣してもおかしくありません。走っても無理をすると痙攣してしまい,そうなると棄権するしかありません。

 

そんな状態なので前半50㎞くらいまでは4時間ちょっと,後半50㎞が7時間ととんでもなくかかってしまいました。

 

大腿四頭筋も下り坂を走って鍛えれば何とかなりますし,下り方も工夫の余地はあります。それで歩かなくなれば記録は大幅に短縮できるでしょう。

 

でもマラソンは平地の競技。そんなことをしても意味がありません。ですから岩手銀河は一旦お休みします。

 

ウルトラマラソンでも記録更新は目指しますが,平地の大会に行くとしましょう。とは言えさすがに100㎞ものコースを作るのは難しいらしく山間部の大会がほとんどです。

 

マラソンのオフシーズンで平地の大会は北海道のサロマか柴又100kあたりです。ただサロマは余りにも遠いので,来年は柴又100kに出ようと思います。

 

柴又は,柴又から延々と荒川を遡上して下ってくるコース。景色が余り変わらない河川敷コースなのでつまらないと言われています。ですが山を走るよりは遙かにましでしょう。

 

それに陸上競技会主催なので公認大会。陸連の正式記録になります。ここで記録を出したらまた岩手銀河に行っても良いかと思います。

 

でもその前に2週間後には葛西臨海公園7時間走。まだ100㎞走のダメージが抜け切っていませんが,何とか回復して最長距離を走りたいと思っています。