焼き

今回もまたピッツェリアですが,内容的にはちょっと変わった感じで。それで,行ったの清澄白川駅近くのピッツェリア「ベッラ・ナポリ」(江東区高橋9-3 ℡03-5600-8986)。

 

これは前に行ったときのものですが。

20130501-05

 

ピッツァ窯はお店の中央付近にります。調理しているところが良く見えます。

20140802-01

 

「BELLA NAPOLI,ベッラ・ナポリ」のネームが入っています。

20140802-02

 

当たり前ですが火が入っていますね。

20140802-04

 

ピッツァ職人(お店の経営者)が焼いているところですね。

20140802-04

 

ピッツァを延ばす,延し棒ですね。

20140802-05

 

これが焼く前のピッツァ生地。ちょっと分かりにくいですがチーズは乗っていますね。

20140802-13

 

この生地に具を乗せています。

20140802-06

 

そして大きいしゃもじみたいな器具にピッツァを乗せて窯に入れます。

20140802-07

 

ちょっと浮かせています。これで生地の裏の方も焼けるようにしているようです。

20140802-09

 

20140802-08

 

20140802-10

 

こうして焼いている時間は30秒くらいです。分ではなく「秒」です。本当にすぐに焼きあがります。だからと言って簡単なものとは違うと思います。生地の仕込みから延しまであるのですから。

 

例えて言うと「焼き」の段階は,蕎麦で言えば「茹で」ですよね。蕎麦だった「茹で」ているのは数十秒でしょう。ただ蕎麦で大変なのは蕎麦を打つこと。それから蕎麦の汁を作ることですよね。

 

ピッツァだって同じでしょう。「焼き」の時間が短いからと言って簡単という訳にはいきません。私も結構な数のお店に行きましたが,生地の大きさ,厚み,焼き上がり,みんな違います。

 

さて,こうやってできたのがこれ。黒トリュフとトウモロコシのピッツァ。美味しそうです。

20140802-11

 

ここは耳の部分もかなり厚いです。

20140802-12

 

こうして見ても結構厚みがあります。

20140802-14

 

もちろん裏側もきちんと焼けています。そう焦げ目は強くないですが。美味しいピッツァであることは間違いありません。

20140802-15

 

どうでしょうか。今回は窯が中央付近にあって見やすい場所にあったので,ピッツァを焼くところが良く見えました。なかなか見られるところではないので見ていて面白かったです。

 

ただ故あって,もうこのお店に行くことはないでしょう。というよりも今後は深川付近に行くことはなくなりました。今まで結構走っていた木場公園にも行きませんし,木場駅の辺りにももう行かないかな~