もう退場でしょう!

最近また三菱自動車の不正が発覚しました。

 

今回は燃費のデーターを不正に操作していたというのです。しかもこれは1992年からだというのですから驚きです。

 

2000年にはリコール隠しが発覚しています。と2002年には2件の死亡事故も起こしまた。欠陥を隠して死亡事故ですから殺人と大きな違いはありせん。

 

これは法律なんかではありません。そういう低レベルな話ではないのです。

 

これは道義,誇りの問題なのです。

 

人を殺ろすような事故を起こして,どうやって会社を続けらるのか。そういう感覚が分かりません。

 

従業員もそうです。そんな悪事に関わって人として生きてけるのか。まともな感覚からすれば自殺まではしなくとも仕事など続けられるものではありません。

 

会社はもどうかしています。従業員もそうです。全員とは言いませんが,内部告発もないというのはそういうことなのでしょう。

 

それが2004年にはリコール隠しがまた発覚。

 

そして今回の燃費データーの不正操作です。しかもそれが一連の,しかも人を殺した事件の間も続いていたというのですから,もうどうしようようもありません。

 

腐り切っています。

 

三菱自動車,この会社は社会から退場するかいないでしょう!これで退場しないならいつ退場させるのでしょうか?

 

そもそもこういう会社を存続させた三菱グループの見識すら疑います。それもそれが三菱の体質なのでしょうか。

 

今回発覚した件は三菱自動車だけでなく三菱グループ全社の存続に関わる問題でしょう。

 

これは消費者の姿勢も関わってきます。皆が買わなければこの会社は潰れます。そういう判断も問われているのではないですか。

 

私はそういう覚悟で仕事をしているのですが。それは変なのでしょうか。