大田原マラソン

レース中の写真をUPしようと思って待っていたため時間がたってしまいましたが(しかも写真は来ていません),11月23日の大田原マラソンに参加してきました。掲げた目標は,高めの3時間5分切りだったのですが,結果は3時間9分10秒。4分ちょっと遅れました。

 

このブログを読んでくれる人がいるかどうかも分かりませんが,一応説明しておきます。市民(マラソン)ランナーの世界では3時間を切るサブスリー(サブ=未満,スリー=3時間)が大きな目標となっています。ゴルフをやる人には分かり易いですが,サブスリーはシングルに匹敵すると言われています。高く厚い壁です。最終目標を,そのサブスリーにしているので,今回は,なるべく3時間に近いところを達成しておきたいと思い,今回の目標にしたのです。

 

それにしても,どうしてマラソンにはまってしまったのかは私にも良く分かりません。それまでもスポーツジムに行って走ってはいたのですが,マラソンなんて考えたこともありません。何か変な人たちと思っていたくらいです。ところが2011年1月にランニング専門雑誌(そういうのがあるんです)をたまたま買って読んでいたら,自分もやってみたくなってマラソンのトレーニングを始めました。

 

始めたころは「一回完走できればいいや。そしたら止め」と思っていました。ですが走り始めて練習を重ねていくと,走れる距離がだんだんと長くなっていきました。また同じ距離なら走るスピードが速くなりました。自分の能力の向上が意外と楽しく,これで完全にはまりました。

 

そうして去年初めて出た大田原マラソンは3時間24分16秒。決して遅い訳ではありません。ですが,25㎞過ぎあたりから大失速して大勢のランナーに抜かれました。これが悔しくて当日の夜は眠れませんでした。「次の大田原マラソンではリベンジしよう」と,さらに深みにはまってしまったのです。

 

大田原は前半下り,後半上りの難しいコース。前半オーバーペースになり易いところにもってきて,疲れが出る後半に上りです。疲れた体に上りは本当に堪えます。特24㎞手前のダラダラした坂が要注意。思ったよりダメージを受けるので,ここで調子に乗っていると大変な目に会います。去年はそれで失敗しました。

 

今年はダラダラ坂を慎重に上り,後半失速こそしたものの,何とか粘ることができました。去年よりも意識もしっかりしており,ほとんど抜かれることもありませんでした。しかし上りは本当につらい。周りのランナーも失速してヘロヘロになっています。歩いてしまうランナーもいるくらいです。そんな中,最後まで頑張って何とか3時間10分は切りました。

 

当初の目標からすると不満は残りますが,これが今の実力ということなのでしょう。(仕事に差し障りがない範囲で)もっと精進して来年の大田原マラソンはサブスリーを狙おうかと思います。とりあえず次の勝負レースは,2013年3月24日の古河はなももマラソンです。