あっちもこっちも

先だってのフランス大統領選では,国民戦線のルペンという候補が決選投票に進みました。決選投票では大差で負けたとのことですが,その辺がトランプが勝ってしまうとアメリカの差なのかもしれません。

 

でも問題はそういうことではありません。そういう候補に投票するしかないという状況,それこそが問題なのです。

 

連合王国(日本ではイギリス。これはイングランドという一部分だけの名称。)のEU離脱だって同じことです。

 

根本的な問題は,「自由」貿易とかグローバリズムとかです。それで普通の人の生活が苦しくなっているのですから。

 

マスコミや「有識者」とやらの言う,自由貿易万歳とかグローバリズム万歳とは大嘘だと断言します。よくもそんな嘘を平気で言えるものだと。

 

自由貿易,グローバリズムとやらは1980年代から始まっているとのことですが,私の実感では2000年からです。それでも17年程経っている訳ですが,生活は苦しくなるばかり。将来への希望だってありません。

 

マスコミや有識者とやらは自由貿易やグローバリズムが不十分だという論調ですが,17年もやって駄目なら,そもそもそれが間違いではないかと疑うのが「知性」というものです。それどころか,そもそも自由貿易やグローバリズムが諸悪の根源だと思わない方がおかしい。

 

そう。彼らはおかしいのです。自由貿易とかグローバリズムとやらは競争をやたらと礼賛しますが,実際に競争している,させられているのは,現場で働いている普通の人です。マスコミや有識者とやらは実は競争をしません。他人に競争をさせて美味しところだけ持っていくだけです。

 

そもそも競争というのは辛いものです。年がら年中そんなことをやっていたら精神的にも持ちません。私の仕事は「競争」どころか「闘争」そのものですが,自分でやっているからその辛さは身に染みています。

 

やってみれば分かります。そんなことできる訳がないのです。私は何とかやっていますが,もう長時間は持ちません。木曜日はもう金曜日のような気がします。まあ仕事自体が速くなっていますし,それが経験だというのもありますが。

 

とにかく競争なんてものは,まともにやっていれば語るものではありません。私の経験では,本当はやっていない人間こそ「語り」ます。思い返すと例外はありません。

 

もう競争にはうんざりなのですよ。もっとはっきり言えば「競争させられる」ことにうんざりなのです。

 

正直な言葉は分かりやすいものです。そうでないものは嘘でしょう。

 

別な嘘を指摘しましょう。「働き方改革」は嘘です。それは「働かせ方」改革なのです。だって労働者は決められた条件の中で働くしかないのですから。

おかしいのはあんたたちなの!

最近はトランプ大統領の話で持ちきりです。しかも彼を評価する話は,全くと言って良い程ありません。はっきり言えば,悪口雑言の限りです。

 

確かに彼の言説は品があるとは言えません。かなり感情的でもあります。反感を感じるのも当然と言えば当然。私も決して好きではありません。

 

ですが彼の言っていることは,結構まともというか,間違いなく正しいと言えることが多いのです。

 

アメリカ第一。これって当然ですよね。だって彼はアメリカ合州国の大統領。自国や自国民を第一だというのは言う必要がないくらい当たり前のこと。アメリカ合州国大統領として大変誠実です。

 

この至極当たり前のこともマスコミや「有識者」と呼ばれる人たちは批判するのですから,呆れます。おかしいのはあんたたちなの!「有識者」なんて呼び方もおかしい。

 

移民や難民も受け容れたくないって,それも仕方ないでしょう。国民に余裕があるのなら受け容れても良いと思いますが,アメリカでも職がなくて困っている人もかなり居るとのこと。余裕がないのなら,その余裕のない自国民を大切にするというのなら,他の国の人たちを二の次のするのも仕方の無いことです。

 

アメリカ人の雇用を!というのも当たり前。だって職がなくては食べていけないではないですから。自由貿易,TPPなどという話で,人件費が安い国に工場が行ってしまう,アメリカ人の職がなくなったというなら,自由貿易などは反対するのも当然。雇用を守るというのも至極真っ当。

 

現実にも,トランプ大統領の話によって,いくつもの大会社がアメリカに投資する,アメリカ人を雇用すると発表しています。その数は,これまでの合計でも数十万人になっているのでしょう。まだ実現していませんが,実現すれば大変な成果です。何故,絶賛されないのか不思議でなりません。

 

いくつか指摘しましたが,このことは日本に当てはめても同じこと。日本の指導者が,日本第一,外国人よりも日本人,日本人の雇用を守る,そのためには自由貿易にも反対すると言って,雇用が増えれば嬉しくないですか?

 

逆に,自由貿易が大切だと言い,物の値段が上がるということを言う輩もいますが,そんなの出鱈目ですよ。いくら物が安くても職がなければ,収入がなければ安い物も買えません。地方では工場が減っています。或いは物が安くても賃金も安くなっているのではないですか。

 

実際,これまでグローバリズムという名前で自由貿易が強化されてきたことで,どの国でも労働者の賃金は下がっていて,特に若い人の失業率が高くなっているとのことです。しわ寄せは弱いところに来ているのです。

 

そういうところに反対だと言って出てきたのがトランプ大統領です。実は,反自由貿易,反格差などで指示を集めていた民主党のバーニー・サンダース議員の主張と共通するところも多いのです。

 

まああの言説では人間的に信用でないということもあるでしょうし,そもそも大富豪になったやり口自体怪しいということもあるでしょう。トランプ大学などは確か詐欺で訴えられたはずです。

 

しかし言っていることのかなりの部分は極めて常識的なことです。その部分を評価しないで反対ばかりするマスコミ,「有識者」。そちらの方が信用できません。

 

彼らが言うのはきれい事ばかり。そんなきれい事は嘘っぱちです。あんたたちこそ真っ当になりなさいよ!と言いたい。

 

意識してかどうかは分かりませんが,アメリカ国民は,そのことを分かっていたからトランプ大統領が誕生したのでしょう。今後どうなるかは分かりませんが,今のところは民主主義の成果が現れたということではないでしょうか。

良いことがない

ここのところブログの更新をしていませんでしたが,それは全くと言ってよいほど良いことがなく,更新する気力も湧かなかったからです。

 

マラソン関係では葛西以降,記録の更新は全くありません。とにかく調子が悪く記録は悪くなっていくばかり。

 

仕事の方は普通と言えば普通ですが,どうしてこれが終わらないの?というパターンが増えました。これは前にも書いた不思議な訴訟の別のパターンです。後で詳しく書きますが本当に不毛。疲れます。

 

そんなことばかり続いた挙句に,年末はスマートフォンを壊してしまうし,年明けには何故かメガネのフレームも壊れました。

 

恒例のハイテクマラソン(旧,谷川真理マラソン)では,シューズは忘れなかったものの何とインソール(中敷き)を忘れてしまい,インソールなしで走る破目に。何とか走ったものの肉刺を作ってしまいました。

 

そして最後にはインフルエンザにもかかってしまいました。インフルエンザなんて何と19年ぶり。この事務所を開設するとき以来です。前と違い発熱もそれ程ではなく何とかなりました。

 

本当に良いことがありません。インフルエンザで運が悪いのも打ち止めとなってくれれば良いのですが。

もう退場でしょう!

最近また三菱自動車の不正が発覚しました。

 

今回は燃費のデーターを不正に操作していたというのです。しかもこれは1992年からだというのですから驚きです。

 

2000年にはリコール隠しが発覚しています。と2002年には2件の死亡事故も起こしまた。欠陥を隠して死亡事故ですから殺人と大きな違いはありせん。

 

これは法律なんかではありません。そういう低レベルな話ではないのです。

 

これは道義,誇りの問題なのです。

 

人を殺ろすような事故を起こして,どうやって会社を続けらるのか。そういう感覚が分かりません。

 

従業員もそうです。そんな悪事に関わって人として生きてけるのか。まともな感覚からすれば自殺まではしなくとも仕事など続けられるものではありません。

 

会社はもどうかしています。従業員もそうです。全員とは言いませんが,内部告発もないというのはそういうことなのでしょう。

 

それが2004年にはリコール隠しがまた発覚。

 

そして今回の燃費データーの不正操作です。しかもそれが一連の,しかも人を殺した事件の間も続いていたというのですから,もうどうしようようもありません。

 

腐り切っています。

 

三菱自動車,この会社は社会から退場するかいないでしょう!これで退場しないならいつ退場させるのでしょうか?

 

そもそもこういう会社を存続させた三菱グループの見識すら疑います。それもそれが三菱の体質なのでしょうか。

 

今回発覚した件は三菱自動車だけでなく三菱グループ全社の存続に関わる問題でしょう。

 

これは消費者の姿勢も関わってきます。皆が買わなければこの会社は潰れます。そういう判断も問われているのではないですか。

 

私はそういう覚悟で仕事をしているのですが。それは変なのでしょうか。

基準を作るということ

少し前になりますが,福士加代子が1月31日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒で優勝しました。

 

どうでも良いことかもしれませんが,ここでまず言っておきたいのは,有名人は呼び捨てが基本です。「さん」を付けるのは個人的に知っていて親しいような場合です。親しい人は呼び捨てにしませんが,有名人に「さん」付けでは馴れ馴れしいでしょう。

 

有名人とはそういうものなのです。ちなみに会社名の後にも「さん」はけません。

 

それから呼び方も含めて言葉の使い方にはルールがあります。ルールを守らないと社会は滅茶苦茶になります。そういう基本的なルールは理解する必要がありますし,もし分からなければ調べなければなりません。

 

私もこの歳になっても確認することはあります。というかそういうことが多くなりました。簡単なことならネットで調べられるというのも大きいですね。それに調べてみるということは,改めて学ぶというこでもあり結構楽しいです。

 

話を元に戻します。福士加代子は 日本陸連のオリンピック派遣設定記録2時間22分30秒を切りました。それれもリオデジャネイロオリンピック代表の内定が出ませんでした。

 

そのためオリンピック代表を確実にするため名古屋ウィミンズマラソンに出るということでした。ですが私よりはるかに若いとは言ってもトップランナーのレベルですから1か月半で本気のレースは無理です。

 

断言はしませんが出ても自己ベストまず出ません。それどころか故障可能性の方がはるかに高いです。最良でもリオデジャネイロオリンピックの記録は悪くなったでしょう。

 

それ程消耗するのが「限界に挑戦する」ということです。しかもマラソンは距離が長い。回復に時間がかかります。年齢によって違いますがトップランナーレベルでも最低でも3か月は空けるべきでしょう。

 

どうしてもオリンピックに出たいということでしょうが無茶です。

 

それに対して,日本陸連の理事が公式見解ではなく「設定記録を超えるランナーはそういないので名古屋には出ないで。」と言ったという報道がありました。

 

しかしそこまで言うなら内定を出すべきでしょう。

 

設定記録を最初に超えたランナーは無条件で代表にするということではありませでしたから,内定を出してしまうと後で条件を変えてしまうことになります。

 

だから内定を出せないというのも分かりますが,それなら止めるのもおかしいでしょう。設定した条件が間違っていたということで,謝罪した上で内定を出すべきです。

 

「出ないで」というのは形上は違うものの「実質的には内定」とも解釈できますが,それは勝手な解釈だと言って別のランナーに内定を出すことはいくらでもできます。

 

実際バルセロナオリンピック代表に選ばれなかった松野明美は口頭で内定を言われていたが落選しました。信じた自分が馬鹿だったと言っているという報道もありました。

 

結局,福士加代子は名古屋ウィミンズマラソンには出場しないことになりましたが,その結果次第ではどうなることやら。

 

とは言え「設定記録を超えるランナーはそういない」のは確かですから福士加代子が代表に内定するのだと思います。

 

しかしこんなことをやっていてはランナーが消耗してしまいます。強いランナー,メダルを取れるランナーを選びたいという気持ちは分かりますが,それは選ぶ方の勝手というもの。

 

明確性に欠ける選考方法ではランナーのほうはたまったものではありません。

 

本当に強いランナーを育てたいというのならランナーの立場に立ってできる限りみんなが了解できるような選考基準を作るべきです。それが基準を作るということ。

良いことがない

ここしばらくは更新をしていなかったので久々ですが,年が変わっても良いことはありませんね~ いや,私自身ということではなく世の中の方ですが。

 

ぱっと思いつくのは廃棄カツの横流しとか,格安ツアーのバスが転落とかですが,これらに共通するのは値段が安いことでしょうか。

 

ビーフカツが約80円で売られていたというのですが,まともに考えたらそんなことはあり得ないでしょう。

 

肉の質までは分かりませんが牛肉を使って衣まで付けているのですよ。材料費もかかっていますが,それよりも人の手間を考えればどうやっても80円なんて無理でしょう。

 

金額を考えたらまともなものが食べられると考える方が変です。こういう発想に収入の多寡は関係ありません。自分でやってできるかどうかを考えれば良いのですから。

 

要は理(ことわり)の問題なのです。無理なものは誰がやっても無理なのです。払うべきところで払わないのは危険でしょう。

 

バスの事故も同じです。安いということは安全性も削られているのです。少し安いくらいでもそうですが,すごく安いところでは安全性はごっそり削られています。断言します。そうでなくてはそんな安くなんてできる訳がないのです。

 

それに安全性はなかなか目に見えないところです。外からではね。事故が起きて初めて分かるようなものです。見えないところは手を抜かれやすい。ですから安いところは安全性を疑わないと。

 

とは言え,高いから良いとは言いません。ただ高いだけのものもあるでしょう。安いのがダメだとも言いません。ですがものには限度というものがあります。どうやって値段が決まっているのか,それで本当に大丈夫なのか,そこはきちんと考えましょう。

戦後ではなく「新生国家日本の否定

今日の朝日新聞に載っていましたが,11月3日の「文化の日」を明治天皇の誕生日を祝っていた「明治節」という名称にに戻そうという動きがあるとのことです。

 

安倍君とその一味がやるのは徹底した戦前回帰なのですね。

 

ところが,ここでふと思い出しました。同じ朝日新聞ですが8月27日のオピニオン欄に「(あすを探る 思想・歴史)「戦後」とは何なのか 小熊英二」という意見が載っていました。

 

その要旨は,普通「戦後」と言えば戦争後10年くらいを指すものであるが,日本ではそれが70年も続いている。それは何故なのかというと日本の場合「戦後」とは「建国」を指すのだというのです。今の日本は大日本帝国が滅亡したあとの「戦後」に建国された国だと。

 

憲法を指す英語constitution(コンスティテューション)とは,「骨格」や「構成」という意味であり,国の設計図である。そして日本国憲法の前文は国民主権と平和主義の2つを基本として掲げている。その前提は戦争の惨禍の後に,この国は建国されたということである。今の日本国は新生国家である

 

条文で言えば第1条「主権の存する国民の統合の象徴としての天皇」と第9条「戦力放棄」である。したがって,この2条項の改正は国の骨格そのものの変更であり,この2条項の改正は「(新生)日本国」の存廃をめぐる闘争である。

 

また日本国が成立したのは東京裁判と日米安保条約が大前提である。東京裁判なしには日本国の国際社会復帰はなく,東京裁判と第9条なしに第1条の前提である天皇の存続もあり得なかった。そして第9条は米軍の駐留抜きに実在したことはない。

 

つまり「日本国」とは、第1条,第9条,東京裁判,日米安保の4つを柱とした体制である。(おぐま・えいじ 62年生まれ。慶応大教授・歴史社会学。『生きて帰ってきた男』『平成史』など)。

 

この意見は極めて優れています。「日本」をここまで明確かつ簡潔に述べた意見を私は知りません。また私は,ここまで明確かつ簡潔に「日本」を語ることはできません。

 

私は「誉めるべき人は誉める」と考えていますが「天才」と呼ぶことはまずありません。

 

ですが小熊氏は「天才」と言って良いというか,まぎれもなく「天才」です。

 

戦前回帰とは,小熊氏が指摘した「日本」の否定,大日本帝国,軍国主義の復活以外の何物でもないのです。そのことを明らかにする意見なのです。

 

大日本帝国は,明治の延長線上にあります。身分制社会であり,支配者層に生まれた人間はただ「生まれた」それだけで人を支配し,自分の利益のために人を死なせることさえ当然としてきました。

 

それで良いのでしょうか。私も50歳。人は年を取ます。年齢的に言っても私が戦争で死ことはないでしょう(もちろん私を殺すとなれば容易ではあるはずがありません。覚悟してもらいます)。

 

でもそれで良いのでしょうか。若い人たちにはもっと希望のある話をしたいですし,そうでなくては「新生国家日本」は滅んでしまいます。

 

命をかけなくても,たかが「投票」で変わるのですから,それくらいはやってみませんか。

所詮弾除け

少し前になってしまいましたが「戦争法」が成立してしまいました。安倍君たちは安全保障関連法などと言っていますが,これはまるっきりの嘘です。大嘘です。

 

ここでは詳しいことは書きませんが,安倍君たちが説明していた事態の中で,皆が何とかしなきゃと思うようなもの,日本人の保護や中国の脅威は個別的自衛権も含めてこれまでの法律で十分対処できます。

 

ですからあの出鱈目な説明でなるほどと思った時点でもう騙されているのです。というか騙されていることに何故気が付かない?

 

つまるところ安全保障関連法とは,これまで日本がやる必要がなかった又はやってはいけない事態で武力を行使でるようにするということ以外の何物でもありません。

 

実際に戦争を始めるのはアメリカですから,アメリカの戦争に加担するだけ。もっと言えばアメリカがやる戦争の下請けですよ。下請けならまだしもアメリカ軍は自衛隊を弾除け程度にしか考えていないでしょう。

 

当然です。自衛隊は戦争をしたことがないのですから。仕事に置き換えれば簡単に分かります。仕事をしたことがない新人をすぐに使えると思う人はいません。最初から使える人間なんている訳がないのですから。

 

アメリカ軍の弾除け。「戦争法」という言い方も生温いです。「弾除け法」。酷過ぎます。

 

もっとも安倍君の一味は後方支援とかも言っていました。ですが戦争における後方支援は,戦闘行為=直接の戦闘ではありませんが,戦闘行為を可能にするもの=支えるものです。ですから,後方支援というのは,間接的な戦闘で立派な戦争行為です。

 

後方支援とか言い,それが戦争だと考えない安倍君たちこそ平和ボケ。頭の中がお花畑なのです。ピヨピヨ。

 

むしろ後方支援の方が危ない。補給部隊は真っ先に攻撃されます。補給を断てば勝てるのですから当然でしょう。

 

それが分からない人は1か月と言わず10日間くらい,水も飲まず,食べ物も食べず,普通に働いてください。マラソンをしろなどとは言いません。そんなことをしなくてもまず死にますから。

 

安倍君に賛成する人には「死にたい人はどうぞ」としか言いようがありません。

軍国主義の復活

これはいったい何なのでしょう

20150806-01

戦争に行きたくないといのが利己主義ですか。それも極端な利己主義だって。

 

戦争というのは殺し合い。死にたくないというのが利己主義?まして他人を殺したくないというのが利己主義?もはや意味不明でしょう。

 

これって,どうな考えてもお国のために死ね,それをしない奴は非国民ってことですよね。完全に戦前の軍国主義そのものでしょう。

 

思えば中曽根元首相もどうしようもなかった。日本列島を不沈空母と言ったんですから。とんでもありません。

 

あんたは勝手に不沈空母の乗組員になって死んでも良いけど,俺は付き合わねーよ。馬鹿め!そう思いました。このとき私は高2でしたか。本当に頭にきましたよ。

 

こんな滅茶苦茶なことを言う中曽根元首相でも戦争に行きたくないというのを極端な利己主義なんて言わなかった。まあ本心は同じかもしれませんが,さすがに言えないでしょう。

 

それを言ってしまうのですから。一体何者。本当の馬鹿?

 

それに自分は国会議員ですから前線に行く気はないでしょう。となると,俺は国会議員,国会議事堂で議論,お前ら一般人は前線で戦って戦死しろといこと?

 

もう一度言いましょう。

 

お前ら戦死,俺議論。

 

こういう勝手な軍国主義がこいつらの頭の中。それが本性ですよ。もういい加減に支持するのを止めましょう。

こいつらはしょうがない

安倍君とその一味はやってくれますよね。

 

磯崎洋輔首相主席補佐官とやらが,講演の中で「わが国を守るために必要な措置かどうかを気にすべきで、法的安定性は関係ない」と発言したそうです。

 

「法的安定性」とは,分かり易く言えば法の解釈や運用をコロコロ変えないということです。法というのは社会のルールですから,コロコロ変えてはまずいということは基本中の基本です。

 

例えば,今日から野球は7回制にするとか,3ボール,2ストライク制にするとかしたら困るでしょう。マラソンを今月は40㎞だけど来月は45㎞でやるとか。困りますよね。

 

「法的安定性」を蔑ろにするというのは,基本が分かっていないということ。それで法の解釈や運用なんてちゃんちゃらおかしい。

 

磯崎洋輔首相主席補佐官とやらが言っているのは,要は「俺がやりたいようにやる。何が悪い」ということ。

 

だから,そういうあんたたちを縛って好き勝手にさせないようにするのが「法」なの。社会の基本のルールが分からないんだったら退場しかないでしょう。

 

安倍のボクちゃん本人といい,お友達には本当にろくな人間がいない。幼稚過ぎます。

 

こいつらはしょうがない。もういい加減に支持するのは止めましょうよ。