葛西終了後

葛西臨海公園7時間走終了後は速やかに移動しなければなりません。大会自体は問題ないのです。いつも懇親会をやっていますし。

 

ですが私は懇親会には参加せず,すぐに移動して好きなものを食べます。いつもそうしています。ここは走るだけで十分。

 

ところがもう疲れ果てていて動きが緩慢でなかなか出発できません。でもそうは言っても,もうお店は予約していますし,大学時代の先輩と待ち合わせているで早く移動しないと。

 

そうして行った場所は北千住。アダッキオ(東京都足立区千住東1-29-12)というピッツェリアです。

 

最近は北千住も大分お店ができて来てテレビでも取り上げられるようになってきましたが,今まではただの乗換駅。良く分かりません。ちょっと迷いました。

 

で,これがお店。北千住にしては少し洒落た感じ?

20160724-11

 

お腹も減っているので早速注文。まずは前菜。パタティーネ。イタリア風のフライドポテト。

20160724-12

 

ゼッポレ。ふわふわした感じの青のり入りのフライ。

20160724-13

 

サルシッチャ。イタリア風ソーセージ。結構辛いです。実は走っている最中に売店売っていたフランクフルトソーセージを食べたくなったのです。できませんでしたが。

20160724-14

 

で,これがピッツァ。定番のマルゲリータですが水牛のモッツァレラチーズの乗ったやつ。サイズは小さめですが,この日は胃も疲れていたのでちょうど良かったです。美味しい。

20160724-15

 

マイス。トマトソースなしでハムが乗っているやつです。結構耳が大きいので気に入りました。

20160724-16

 

料理は美味しく,雰囲気も悪くありません。地元の人たちが家族連れで来ていました。地元で愛される店というのは良いお店だと思います。

 

 

この日はちょうど良かったとは言えピッツァのサイズが小さいので,大きいのが好きな私には微妙なところがあります。ですがまた行ってみたいお店ですね。駅からは少し遠いですがお勧めです。帰りの電車の時刻ぎりぎりまで飲んでいられますしね。

新天地?

ラ・ビコッカが閉店してしまったのは残念ですが,お盆休み中は今まで行ったことのないところに行ってきました。

 

有名なお店があるところで前々から気になっていたのですが,なんだか遠い場所のような気がして敬遠していました。でも少し長い休みだし一度行ってみるかと。永福町です。

 

調べてみると井の頭線に永福町という駅があるではないですか。急行も止まりますし駒沢公園に行くのと大した違いはありません。

 

こちらから行っても北千住と下北沢で乗り換えるだけ。近くいとは言いませんが,決して遠い訳ではありません。それで行ってみることに。

 

ここには前から気になっていた有名なお店が2軒あります。ラ・ピッコラ・ターボラ(杉並区永福4-2-4 ℡: 03-5930-0008)とマッシモ・タヴィオ(杉並区永福4-4-4永福町ファイブビル Tel:03 – 6802 – 7648)です。

 

まずラ・ピッコラ・ターヴォラ。ここは8月8日と13日の2回行きました。これが外観。

20150808-01

 

こじんまりした感じです。これはちょっと良い感じ。

20150808-02

 

店内の感じも良いです。駒沢大学のラ・ビコッカ程ではありませんが。

20150808-03

 

店内もせせこましくはありません。中央に見えるのがピッツァ釜。

20150808-04

 

20150808-05

 

これはサラダ。ちょうど良い量ですね。というか少し多い感じでしょうか。

20150808-06

 

これは前菜の盛り合わせ。良い感じ。とは言え特筆すべきものはありませんが。褒めてばっかりでも仕方ありません。嘘は嫌いです。

20150808-07

 

生ハムとルッコラ。ちょうど良い感じです。が,特筆すべきものではないか。

20150808-08

 

モッツァレラチーズ。これはかなり量が多いです。他ではありませんね。独特のものがあります。間違いありません。これは良いですね。

20150808-09

 

定番のマルゲリータ。耳の部分も厚く,焦げ目も付いていて良い感じです。美味しいです。ただ,これまで食べた中で突出したものがあるかというと,そこまでではないかな。

 

これは生ハムのピッツァ。生ハムが多いのが特徴です。これはよそと違います。良い。

20150808-10

 

ミモザ。ホワイトソースが乗ったもの。これは美味しい。ラ・ビコッカにはありましたが,どこにでもある訳ではありません。ラ・ビコッカになき希少性が増したか。

20150808-11

 

こちらがマッシモタヴォ。外観は特徴なしか。あえて言えば,ラ・ピッコラ・ターヴォラよりアットホーム感に欠けます。

20150809-01

 

店内は広いのですが,テーブルをずらっと並べてしまって何だか食堂みたい。詰め込み過ぎという感じです。落ち着かない。う~ん。

20150809-02

 

定番のモッツラレラとトマトですが,器が落ち着かない。なんか食堂的。はっきり言いますが良い感じがません。

20150809-03

 

生クリームが乗ったピッツァ。ピッツァは耳も大きくて良いです。焦げ目も良い。ラ・ピッコラ・ターヴォラよりも耳が大きいか。

20150809-04

 

これは生ハムとルッコラのピッツァ。やはり耳は大きいですね。これは良い。それと生ハムの感じも違いますね。ピッツァの生地はこちらの方が良いかも。

20150809-05

 

この2店,前から気になっていたので今回行けたのは良かったです。ピッツァそのものはマッシモタヴォオの方が良いかもしれませんが,決定的な差とまで行きません。お店の雰囲気も含めて気に入ったのはラ・ピッコラ・ターヴォラの方ですね。

 

とは言え,今後,敢えて永福町まで行くかというとどうでしょうか。元々,駒沢大学のラ・ビコッカが気に入っていたというのもありますが,少し脚が重いというところでしょう。

 

こちらからの行き易さもというのもありますが,神谷町のナポリスタカの方が好みですね。実はラ・ビコッカのピッツァは,ここの経営者のジョゼッペが作っていたのです。ピッツァの種類も多いし,星型ピッツァなどと特徴もあります。今はここが一押しでしょうか。

 

井の頭線沿線の雰囲気も含めて新天地の永福町も悪くはありませんが,再訪があるかどうか微妙なところですね。違うところも開拓してみましょう。

大ショック

先週1週間はお盆休みでした。この時期はさすがにお客さんも来ませんし。何より,休まないと私が持ちません。何と言っても毒の沼に使ているような仕事ですから。

 

で,休み中に何をしていたかというと,走って,食べて飲んで,寝ていました。例年のことですから取り立てて変わったことはありません。

 

多少違うとしたら,いつもよりたくさん走ったことと,たくさんピッツァを食べたことでしょう。

 

9日間で210㎞以上,1週間で160㎞を超えたのは初めてです。いわて銀河チャレンジマラソンの坂対策用に越床峠も12回上り下りしましたよ。夏に頑張らないと。

 

ピッツァは土,日,火,水,木,金と6回も食べてしまいました。金曜日は〆にとお気に入りのラ・ビコッカに電話したところ。

 

この電話番号は現在使われておりません。

 

エッと思い,また電話しましたが。

 

この電話番号は現在使われておりません。

 

??一体何が起きたのでしょう。スマートフォンで色々検索してみましたがどうしても分かりません。単なる休みならこういうアナウンスは流れません。

 

実際,他のお店で休みのところは電話だけは普通にできます。それにホームページにアクセスしようとしたら閉鎖されていました。もしかしたら閉店?

 

この日は別のお店に行ってピッツァを食べ(やはり食べるのはピッツァ),家に帰ってから調べてみたら,やはり閉店していました。7月26日閉店との情報がありました。

 

実は葛西臨海公園7時間走の前日に電話して7月26日の予約を取ろうとしたら,その日は貸し切りですという回答でした。

 

そのとき閉店するとは言っていなかったのですが。でも今考えてみると,その貸し切りというのは閉店パーティーか何かだったのでしょう。

 

もう大ショックですよ。一番のお気に入りのお店だったのに。離婚よりショックかも。

 

最後に行ったのは6月28日。これが最後の訪問になってしまいました。

20150628-01

 

メニューにない前菜もその場で適当に作ってくれました。美味しい。

20150628-02

 

20150628-03

 

この大きくもっちりとした耳が堪らなかった。

20150628-04

 

餃子型の揚げたピッツァもメニューにないのに作ってくれました。

20150628-05

 

本当に使い勝手が良く,落ち着いた雰囲気で,しかもすごく美味しいピッツァを出してくたお店でした。閉店は残念でなりません。

 

人が押し寄せるという訳ではありませんでしたが,見たところお客の入りも悪くなく,経営不振で閉店に追い込まれたとはとても思えません。何か事情があったのでしょう。

 

こちらとしてはどうすることもできないので,またお気に入りのお店を探したいと思います。それにしてもショック。

ナポリスタカ

少し前ですが久しぶりに新しいお店に行きました。結構有名なお店で星形のピッツァがあるというのでずっと気になっていたところです。

 

「ナポリスタカ」(〒106-0041 東京都港区麻布台1丁目1−4,℡:03-6459-1846)

 

地番では麻布台ですが最寄りの駅は日比谷線の神谷町駅。普通は下りない駅ですよね。私も下りたことはありますが,就職活動中のことなので何と29年前!

 

あれからずいぶん経ちました。私も年を取ったものです。だが,まあ良いでしょう。無駄に年を取った訳でもありませんし。

 

もしやり直すことができたら?何て言う話もありますが,私は絶対にやり直したくありませんね。今までいろいろやってきました。こんな辛いこをまたやるなんてまっぴら御免です。

 

長生きなんていうのもとんでもありません。さっさと死にたいとまでは言いませんが。生きている間は何とか楽しみを見つけて過ごしたいものです。

 

で,肝心のお店ですが外観はこんな感じ。

2150322-01

 

色使い,雰囲気は日本人の感覚とかなり違いますね。

20150322-02

 

この人のお店。ここには書いてありませんが「ジョゼッペ」なので「ペッペ」と呼ぶそうです。

20150322-04

 

看板には「ペッペのピッツェリア」「ナポリ・スタ・カ」と書いてありますね。

20150322-03

 

そして,店内はこんな感じ。うーん。色使いが違う。日本人の感覚ではこういう雰囲気にはならないように思います。ここはイタリア?

2015032-05

 

テラス席もあります。暖かい時期なら良い感じでしょう。外ですから暑くても寒くてもきついですよね。当たり前ですが。今ぐらいがちょうど良い時期でしょうか。

20150322-06

 

肝心の料理。これは揚げ物の盛り合わせ。なかなか美味しいです。しかし結構ボリュームがありますね。調子に乗っていると前菜だけで結構お腹が一杯になってしまうかもしれません。

20150322-007

 

さて,これが有名な星形のピッツァ。

20150322-08

 

よく見るとマルゲリータに星形の耳が付いているのですね。見た目は奇抜ですが耳が大きくてよろしい。もちもち感もたまりません。

20150322-09

 

こちらは生ハムとルッコラのピッツァです。

20150322-10

 

ルッコラの量が半端ではありません。私もいろいろなピッツェリアに行ってルッコラが乗っているピッツァも食べましたが,これはすごく多い。そして美味しい。ルッコラは良い感じの苦味があって慣れると美味しいです。

20150322-11

 

ナポリスタカ。なかなか良いお店ですね。気に入りました。多少日本人向けにアレンジはしているのだとは思いますが,イタリアの感覚がすごく強い感じのお店ですね。

 

いくら似せても感覚の違いというのはごまかしが効きにくい部分です。微妙なところではありますが。

 

イタリアの感覚が出ていて,それでも日本人好みにアレンジもしてありそう。ちょうど良いバランスです。これはお勧めですね。また行きたいと思います。

ラ・ビコッカ通い

通ってしまいますよ。「ラ・ビコッカ」(世田谷区上馬4-5-1 ℡03-3410-7700)。

 

20141124-01

 

今日は奥の方の席に座りました。店内は結構広いです。

20141109-07

 

Ⅼ字型になっています。時間も早めなので空いています。

20141109-08

 

今回は予算を伝えて,それに合わせてもメニューを決めてもらっています。まあピッツェリアは軽食系ですので,そう高額になる訳ではありません。普通はお酒の値段の方が高くなります。そう考えと,お店に行ってから注文しても良いのですが,事前に伝えて用意してもらった方が良いですよね。お互い。

 

これは前菜。かなりボリュームがあります。どれも美味しいです。これだけでも結構な満足感がありあます。

20141109-01

 

これはトマトソースにオレガノ(香草,ハーブ)を乗せたピッツァ。チーズは乗っていないのですがオレガノの香りがかなり効いているので,そう言われてからチーズがないのに気付いたくらいです。生地も良いですが,選択も良い。

20141109-02

 

やはり耳の部分はぶ厚い。これ,これが良いんですよ。もう堪りません。

20141109-03

 

これはナスと 燻製したチーズのピッツァ。前のがチーズが乗っていなかった分インパクトがあります。この出し方,順番も良い。

20141109-04

 

そして最後。これはピッツァを半分に折っただけでなく揚げたとのこと。驚きました。絶句。こんなのは初めて見ました。一緒に行った友人たちも驚いていました。

20141109-05

 

切るとこんな感じ。 当然おいしいです。もう堪らん。

20141109-06

 

これは別の日。 というか大田原マラソンの翌日。というかここで美味しく食べるために頑張りましたよ。それくらい良い。しかも前回と違って最初の前菜は軽め。これで終わりかと思ったら。

20141124-02

 

次が来ました。抜かりはありません。

20141124-03

 

これも燻製の効いたチーズが乗っています。良い感じ。やはり耳部分が厚い。

20141124-04

 

これも良い。チーズが違います。色々やってくれます。このお店は。工夫が良いです。昼だとランチメニューだけというお店もありますが,そいういうところとは違います。ランチメニューをダメだと言っている訳ではありません。ですがこちらの要望にも応じてもらえないと。お金を出さないと言っている訳ではないのですから。

20141124-05

 

これが最後。やはり餃子型ですが,今回は揚げていません。焼きですが,チーズの方を工夫していますね。当然,前回の揚げとの対比も意識しています。

20141124-06

 

切るとこんな感じ。顔は出しませんが,手は昭和8年生まれの私の親父。この年でこういうものを食べ続ける強者です。食いしん坊?隣は姉。

20141124-07

 

このピッツァはこういうチーズを使っているとのこと。面白い。本当に良い店ですよ。場所柄か空いていますが,間違いなく東京でトップレベル。私には№1ですね。本当にお勧めです。

20141124-08

楽しいことを

前回は「離婚」 などという不愉快な記事を書いてしまいましたが,やはり楽しいことをしないと。それでまた書いているのがピッツェリアというのも何ですが,食べるというは重要ですし,これが好きなのだから仕方ありません。

 

それで今回のお店はこれ。「メルジェリーナ」(東京都中央区銀座2-3-4 ℡03-3538-3361 )です。

 

外観はこんな感じ。

20140821-01

 

20140821-02

 

店内です。落ち着いた雰囲気です。良い感じです。

20140821-03

 

これはピッツァ窯。

20140821-03

 

メニューです。

20140821-05

 

「②❝こげ❞が大切」とは,その通り!良いことが書いてありますよ。

20140821-06

 

ピッツァのメニュー。結構種類がありますね。「ダ・イーサ」ほどではありませんが,あちらが特別。

20140821-07

 

20140821-08

 

これはメインの料理のメニューですね。私はピッツェリアでは食べませんが。とにかくピッツァですよ。

20140821-09

 

これは少し珍しいかもしれません。ピッツァ生地を棒状に揚げたものとサラダ。結構美味しいです。

20140821-10

 

定番の生ハム。なぜメロンが付いてくるのか分かりませんが,美味しいのは確か。美味しいから?

20140821-11

 

これは確か「ブロッコリーとサルシッチャ(イタリアのソーセージ)」だったかと。

20140821-12

 

こちらは辛いサラミが乗った「ディアボラ」。

20140821-13

 

ここも美味しいのですが「❝こげ❞が大切」というほどは焦げていませんでしたね。耳の厚みもそれほどではないし。

 

そして何よりも問題なのが「小さいこと」です。これはラージサイズを頼んだのですが,出てきたの25㎝サイズ。ラージで25㎝というのは初めてでした。となると普通のは20㎝でしょうね。

 

これは小さ過ぎですね。他のお店と比べると銀座の真ん中の方にありますから,場所柄,「そんなに沢山食べないよ」と言うお客さんが多いのかもしれません。悪いとは言いませんが,私には物足りません。「ダ・バッボ」と違って厚みもないし。

 

ただお店の雰囲気は良いですね~ 一緒に行った姉は気に入ったとのこと。女性はこういう雰囲気の方が良いのでしょうね。

 

ですが私には物足りなさ過ぎます。美味しいことは美味しいのですが,突出したものもありませんでしたし。他にも行くピッツェリアはたくさんありますし,また行くことはなさそうです。

焼き

今回もまたピッツェリアですが,内容的にはちょっと変わった感じで。それで,行ったの清澄白川駅近くのピッツェリア「ベッラ・ナポリ」(江東区高橋9-3 ℡03-5600-8986)。

 

これは前に行ったときのものですが。

20130501-05

 

ピッツァ窯はお店の中央付近にります。調理しているところが良く見えます。

20140802-01

 

「BELLA NAPOLI,ベッラ・ナポリ」のネームが入っています。

20140802-02

 

当たり前ですが火が入っていますね。

20140802-04

 

ピッツァ職人(お店の経営者)が焼いているところですね。

20140802-04

 

ピッツァを延ばす,延し棒ですね。

20140802-05

 

これが焼く前のピッツァ生地。ちょっと分かりにくいですがチーズは乗っていますね。

20140802-13

 

この生地に具を乗せています。

20140802-06

 

そして大きいしゃもじみたいな器具にピッツァを乗せて窯に入れます。

20140802-07

 

ちょっと浮かせています。これで生地の裏の方も焼けるようにしているようです。

20140802-09

 

20140802-08

 

20140802-10

 

こうして焼いている時間は30秒くらいです。分ではなく「秒」です。本当にすぐに焼きあがります。だからと言って簡単なものとは違うと思います。生地の仕込みから延しまであるのですから。

 

例えて言うと「焼き」の段階は,蕎麦で言えば「茹で」ですよね。蕎麦だった「茹で」ているのは数十秒でしょう。ただ蕎麦で大変なのは蕎麦を打つこと。それから蕎麦の汁を作ることですよね。

 

ピッツァだって同じでしょう。「焼き」の時間が短いからと言って簡単という訳にはいきません。私も結構な数のお店に行きましたが,生地の大きさ,厚み,焼き上がり,みんな違います。

 

さて,こうやってできたのがこれ。黒トリュフとトウモロコシのピッツァ。美味しそうです。

20140802-11

 

ここは耳の部分もかなり厚いです。

20140802-12

 

こうして見ても結構厚みがあります。

20140802-14

 

もちろん裏側もきちんと焼けています。そう焦げ目は強くないですが。美味しいピッツァであることは間違いありません。

20140802-15

 

どうでしょうか。今回は窯が中央付近にあって見やすい場所にあったので,ピッツァを焼くところが良く見えました。なかなか見られるところではないので見ていて面白かったです。

 

ただ故あって,もうこのお店に行くことはないでしょう。というよりも今後は深川付近に行くことはなくなりました。今まで結構走っていた木場公園にも行きませんし,木場駅の辺りにももう行かないかな~

ちょっと違う

ノーベル平和賞,受賞しませんでしたね。でもあちらの方が「今すぐ必要」という感じが確かにしますね。まあ私は予想屋ではありせんから外れても良いのですが。

 

それは良いとして溜まっているお店の話を再開します。今日は,ちょっと違うピッツァのお店です。ピッツェリア「ベルニーニ」(中央区銀座2-11-13 銀座歌茶屋ビル1.2 ℡03-6228-4774)です。

20140821-01

 

店内はそれなりの広さがあります。2階席もありますね。

20140821-02

 

テーブルは小さいですね。空いているから良いですが,混んできたらちょっと落ち着かないかも。

20140821-03

 

今日の前菜のメニューですね。

20140821-04

 

で,選んだのが「安孫子産夏野菜のカポナータ」

20140821-05

 

「近江牛のローストビーフ~サラダ仕立て」ですね。どちらも美味しいです。

20140821-06

 

で,これが肝心のピッツァ。ちょっと雰囲気が違います。そうです,生地が薄くて,お煎餅みたいにカリカリしているのです。でも,これもれっきとしたピッツァ。ローマの方で食べられている「ローマスタイル」と呼ばれているものです。

20140821-07

 

こうやって見ると分かります。すごく薄いですね。しかもパリッとしてそう。

20140821-08

 

こちらは「生ハムとルッコラのピッツァ」です。向かいは,私の高校時代からの友人。

20140821-09

 

やはり薄い。当たり前か。

20140821-10

 

このお店を予約した後で,ローマスタイルのピッツァだということに気づきました。私はもちもちのナポリスタイルが好きなので失敗したとも思ったのですが,たまには良いかなと思いキャンセルしないで行ってみたのです。

 

確かに良いですね。パリパリしていて。これはこれ美味しいですね。こういうのもありかな。ボリュームもないので逆にお腹が一杯にならず,酒の肴にちょうど良い感じです。いつもという訳ではありませんが,たまにはこういうのも良いでしょう。行って良かった。

 

で,これは帰りに浅草の駅で。何故か巨大ガンプラが。

21040821-11

 

たまには甘味処でも

25㎝サイズのピッツァでは何だか物足りなくて目についたお店に入ってみました。珍しく甘味処です。私は甘いものはあまり食べませんが,甘いものは結構どころか,かなり好きです。呑んで,甘いものまで食べたのでは肥ってしまうので我慢しているだけです。

 

しかし,ここは良かった。甘味処「初音」(中央区日本橋人形町1丁目15−6 ℡03-3666-3082)

 

外観はこんな感じ。古いお店ですね。

DSC01436

 

20140821-202

 

昭和の雰囲気が漂っていますよ。 ガラスケースも昔風。

20140821-203

 

で,目についたのがこれ。くずきりです。このころは暑かったのでこの涼しい感じに惹かれました。

20140821-204

 

さてお店に入ってみましょう。ドアも古いですね。当たり前ですが。

20140821-205

 

店内も昭和のままという感じです。こういうのも落ち着いていい感じですよ。

20140821-206

 

20140821-207

 

空いています。お昼時なのですが。それともこういうところは食事そのものを取るところではないので,食事時の方が空いているのでしょうか。

20140821-208

 

奥の方の調理場。

20140821-209

 

これがメニュー。天保8年創業ですって。で,天保っていつですかね。

20140821-210

 

くずきり。吉野が有名ですが筑前も産地なのでしょうか。

20140821-211

 

おやパフェ類もあります。まあ当たり前ですかね。甘味処へは滅多に来ないので良く分かりません。

20140821-212

 

おみやげもあります。。

20140821-213

 

しばらく待ちました。何やら手間がかかるのでしょうか。そして来ました。くずきりが。おお!良い感じじゃないですか。

20140821-214

 

これがくずきり本体。綺麗ですね~

20140821-215

 

これは黒蜜。これにつけて蕎麦みたいに食べるのですね。これも惜しいそう。

20140821-216

 

くずきりをすくって。

20140821-217

 

黒蜜をたっぷりつけます。

20140821-218

 

透き通って良い感じ。美味しそう。

20140821-219

 

実際,すごく美味しかったです。すくって,黒蜜につけて,食べてと。すぐに食べ終わってしまいました。

 

本当に良いくずと黒蜜を使っている感じです。実は私はくずきりを食べたのは生まれて初めてですが。いや~これは美味しい。まあ値段も1100円と良い値段ですからね。また来たくなりました。

 

ピッツァのダ・バッボとか新しいお店もありますが,昔ながらの老舗が人形町にはたくさんあります。古い町ですから若い人はちょっと少ないですが,結構楽しめますね。コレド室町からも近いですし。

 

実際,コレドに行った後に家族と来ました。みんな満足していましたよ。お勧めです。

ここも厚みがあります

ラ・ビコッカのピッツァは大きいですが,ここも結構大きいです。厚みもあります。「ダ・バッボ」(中央区日本橋人形町2-21-1 FSビル1F 03-3666-2777)です。

20140821-01

 

これは店内。ピッツァ窯です。

20140821-02

 

これはピッツァ窯を作った職人のプレートでしょうか。イタリア語ですね

20140821-03

 

薪を燃やしていますね。これで焼きます。

20140821-04

 

20140821-05

 

ここはランチメニューだけではなく,アラカルトもOKです。昼はランチメニューだけというところもありますから,これはありがたいです。でも今日はランチメニューで。ちょうど好きなピッツァがあれば,敢えて値段が高くなるアラカルトを頼む必要はありません。

 

これはランチメニューの前菜。結構ボリュームがあります。

20140821-06

 

さて肝心のピッツァですが,今日はいつもと違います。ラージサイズを頼んだことです。実はここは標準サイズが25㎝だったのです。

 

そんなことも気が使いないとは間抜けでしたが,ここはあまり形を気にしない作り方なのと厚みがあるので気が付きませんでした。ですが気が付いた以上サージサイズの30㎝で。巨大に見えますね。

20140821-07

 

これは別の日に行った時の標準サイズ。小さめにも見えますが写真では分かりにくいですね。比較するものがあれば分かり易いのですが。お皿のサイズも違います。

20140729-01

 

こちらは30㎝サイズの厚み。厚い。

20140821-08

 

これは25㎝サイズ。やっぱり分かりにくいですね。やはりマイメジャーがないとダメか。

20140729-02

 

ここはピッツァの厚みもあるので25㎝サイズでも悪くありません。お腹の具合と相談してというところでしょうか。でも前回は何だか物足りなくて,甘味処などに行ってしまいましたよ。季節は完全に外れてしまいましたが,そこのくずきりは美味しかったので別に紹介しましょう。

 

さて話を元に戻すと,ここのピッツァも「もちもち感」もかなりあります。30㎝サイズだとかなりお腹にきます。ラ・ビコッカの方が厚くてもちもちしているようにも思いますが,正直,意識して比べてみないと分かりません。

 

でも今のところラ・ビコッカが一押し,ここは2番でしょうか。こちらから行きやすいのはダ・バッボですが。