言うとおりにするということ

このごろマラソンとお店ばかりでしたので,弁護士業務について最近感じることを書いてみましょう。

 

感じることは色々とあるのですが,最近気になっているのは,弁護士が依頼者の言うとおりにやっているだけではないか,と思われる案件が少なからずあるということです。「そんなのは当たり前じゃないか!」と思われる方もいらっしゃると思いますが,必ずしもそうではないのです。

 

弁護士の仕事というのは,ご依頼の方の要望を叶えること,それは間違いありません。そして,それがご依頼の方の言うとおりにしていればできることなら問題ありません。しかし良く考えてください。ご依頼の方の言うとおりにしていればできるというなら,弁護士なんかいりません。ご依頼の方がご自分でやれば良いのです。

 

しかし,そうではないから,わざわざお金を払って弁護士に依頼されているのでしょう。ご依頼の方の言い分を,法律的に整理して要望を叶えられるよう「技」を使う,これが弁護士というものです。ですから表面的には,ご依頼の方の言い分を聞かないように感じられても,本来の要望を叶えられるよう最大限の努力をしているものなのです。

 

ご依頼の方の言うとおりにするのというのは,一見すると良い弁護士のように見えるかもしれませんが,同業の弁護士はもちろん,裁判官から見ても,実は素人と変わりがありません。判決を出す裁判官から「素人」と思われるようでは話になりません。

 

こう例えると分かり易いかもしれません。医師の場合,患者の言うとおりにはしないでしょう。そんなことをしていたら,治る病気も治りません。下手をすれば死んでしまいます。

 

弁護士や医師という専門家は,一見,ご依頼の方の言うことを聞かないように見えることがあったとしても,きちんと要望を叶えようと努力するものなのです。そいういう意味では,ご依頼の方の言うとおりにやっている弁護士は,もう弁護士とは言えないと思います。

 

また,そのような言うとおりにやる弁護士は,ご依頼の方からお受けする案件の勝ち負けの見込みをきちんと話しているか疑問です。悪い結果が予測される場合こそ,ご依頼の方に良くご説明して,ご理解をいたただく必要があるのです。ですが,言うとおりにやる弁護士が,そのような厳しい状況を説明しているとは思えません。実際,首をかしげるような裁判を,以前より見かけるようになった気がします。

 

そいういう勝つ見込みの薄い案件でも,勝てれば良いのですが,負けた時にはどういう言い訳をするのでしょうか?一度聞いてみたいものです。

またまたピッツェリア

今回は料理だけでなく,きちんとお店の写真も撮ってきました。段々慣れてきましたね。お店は東向島にあるピッツェリア「カトリカ」(東向島5丁目29番6号 ℡03-3618-6747)です。東武線には何千回も乗りましたが,東向島駅で降りたのは初めてです。

 

何の変哲もない下町の住宅街の一角にあるので,どうしてこんな場所にとも思いしたが,どうも自宅を改造してお店にしたようです。席も4×2人の8人しか入れません。お店の外観はこんな感じ。20130223-01

 

食べた料理はピッツァ2種類とサラダ1つです。これはにんにくのピッツァ。20130223-02

 

これはチーズのドライフルーツとチーズサラダなのですが,サラダと言われてもピンときませんね。20130223-03

 

これはちょっと変わったデザートのオレンジのピッツァ。ピッツァは大好きですが,こういうピッツァがあるのは初めて知りました。とても甘いのでどうかと思いましたが,食べてみたら普通のピッツァよりも生地のおいしさが引き立つ感じがしました。20130223-04

 

どの料理もおいしく,一緒に行った大学時代の先輩と昼だというのに2本も白ワインを開けてしまいました。大満足です。マスターは,イタリアのカトリカという町で修業したとのこと。職人で商売っ気は感じられませんが,これは人を誘って間違いないお店です。

ピッツェリア

今回は料理の写真を撮ってきました。行ったのは清澄白川駅近くのピッツェリア「ベッラ ナポリ」(江東区高橋9-3 ℡03-5600-8986)です。清澄白川は北千住で半蔵門線に乗り換えて5つ目の駅ですが,あまり馴染みのない所でしょうか。深川と言った方が何となくイメージはわくかも知れません。ピッツェリアというのは,生地の薄いイタリアのピザを出す,専門店のことです。

 

食べた料理は生ハムの盛り合わせと2つピッツァです。これが生ハムの盛り合わせ。20130208-01

 

これはナポリピッツァの定番中の定番,マルゲリータ。トマトソースのピッツァです。20130208-02

 

これはちょっと変わった餃子型のピッツァ。名前は忘れました。20130208-03

 

どの料理もおいしかったのですが,特に気に入ったのは餃子型のやつです。皮がもちもちしていて,ちょっと焦げた部分も良い感じでした。ナポリピッツァというのは,皮のもちもちした部分を楽しむものらしいのですが,この餃子型のやつはそれにピッタリでした。

 

もちもちしたのが好きなのは,日本人だけではないんですね。スパゲッティとうどんは親戚だというのもうなづけます。ちなみに私は,丸亀製麺には週一回通っています。ここうどんのもちもち感はかなりのものがあります。

 

あと,忘れたのが,お店の写真です。翌日看板だけ撮ってきました。20130208-04

いわきサンシャインマラソン

2月10日,いわきサンシャインマラソンに参加してきました。これは練習レースなので3時間20分くらいで走る予定でした。実際,レースに向けて調整もしていないため疲れ気味。前日もやや控えめとは言え,しっかり呑んでいました。まあ早めに寝ましたが。

 

さて当日の朝。しっかり睡眠は取れましたが元気満々という訳ではありません。まあ練習だから良いでしょう。朝食は例によってアンパン。7時にホテルからシャトルバスが出ているので,それに乗って会場に出発です。途中レースコースを通りましたが,まだ7時だというのに,もうボランティアのスタッフが集合して準備をしています。本当にありがたいことです。

 

会場に到着して準備をしてスタートを待ちます。会場はこんな感じ。20130210-01

 

20130210-02

 

9時。陸連登録をしているので最初の方からスタート。みんなガンガン前に出ていきますが,こちらはあくまで練習。オーバーペースにならないように余裕を持って走ります。とは言え走り出しは下り坂で,途中上り坂もあるものの7㎞まではかなりの下り坂。普通に走っているとペースが上がります。予定よりもかなり速いですが,余裕があるのでそのまま行きます。

 

7㎞を過ぎて下りが終わって上り坂が増えてきます。ここでも予定よりも速いですが,まだまだ余裕があるのでそのまま行きます。10㎞,15㎞,20㎞と走っても,まだまだ余裕があり,ペースアップも可能な程。去年20㎞あたりから少しきつくなってきたのと全然違います。前のランナーも少しずつ抜いていきます。去年よりも1歳年を取っているのですがね~

 

中間点通過後も状態は変わらず。去年一気に足を持って行かれた三崎公園の40mアップダウンも難なくパス。下り坂では前のランナーを一気に追い越します。これで足を使い過ぎなければ良いのですが。まあきつくなればペースダウンすれば良いのですから気は楽です。

 

その後も余裕がある走りで,前のランナーを抜いていきます。25㎞過ぎくらいからはちょっときつくなってきましたが,まだ余裕があります。何よりも負荷を掛けなくては練習になりませんので,そのまま行きます。

 

そうして30㎞過ぎて工業団地の中へ。ここは長い坂があるので疲れた体には堪えます。実は,ここが一番の難所のように思います。長い坂を延々と下っていきます。ここまで来ると,さすがに下りでもあまりスピードは出ません。

 

ただ,折り返しからの上りはちょっときつかったものの,それほどきつくありません。ペースアップする余裕もありました。ですが練習レースなので無理はできませんし,ゴール前で最速ラップを刻みたいので慎重に上ります。そうして工業団地をクリア。

 

後はゴールを目指して走るだけです。無理をしないようにしつつペースを維持していきますが,前のランナーは皆疲れているので,どんどん抜いていきます。40㎞過ぎからペースアップして,予定通り41㎞からほぼ全力。

 

残り500mあたりからは全力です。応援の人から「おお,速いな。」との声が。このときは時速15㎞を超えていますから,皆が失速している中で,もはやスーパーマン状態。そうしてゴール。3時間6分14秒で3分弱の自己ベスト更新です。

 

さすがにきついのはきつかったですし,練習にしては早すぎます(自己ベスト更新なのですから当たり前。)。でも普段の30㎞走と比べてみても,これはマズイというほどダメージあるようには思えません。今日も疲れは残っていますが,明日になればかなり抜ける感じです。かなりいい練習になりました。

 

いわきは珍しくゴールがスタート地点とは別です。会場はこんな感じ。

20130210-03

忘れてしまう

最近休みの日にちょこちょこと新しいお店に行っているのですが,いつも料理の写真を撮るのを忘れてしまいブログに載せられません。カメラも持って行っているのですが,料理が出てくるとすぐに食べてしまうので,写真が撮れません。

 

行くのは東京のお店ですが,東武線で行くので東側の方がほとんどです。人形町とか門前仲町,木場とか今ではちょっとマイナーな感じのする町です。変わったところでは,押上菖蒲園なんてもの行きました。牛田で京成線に乗り換えていくのですが,牛田で降りたのは生まれて初めてでした。

 

わざわざ押上菖蒲園まで行って食べたのは餃子です。餃子とかピッツァとか,割とたわいのないものを食べますが,カレーとかラーメンとかのご飯ものはあまり行きません。どうしても飲みたくなってしまうので,つまみ的なものが多いです。今度は,きちんと写真を撮ってみましょう。