今回も西側で

今回もまた東京の西側のお店です。イル・ピッツァイオーロ(世田谷区太子堂4-20-7 QG三軒茶屋ビル1F ℡03-3411-5556)。東急田園都市線「三軒茶屋駅」にあります。東武線からは北千住での乗り換え1回で行けますし,「駒沢大学駅」と違って急行も止まるので安心です。

 

ここは三軒茶屋で子供の工作教室があるというので,2年前に1度行ったところです。「ディアヴォラ(悪魔)}が美味しかったと記憶していたたのと,先週こちら側に来たのでまった行ってみようと思ったのでした。

 

場所はこんな感じ。

20140628-01

 

雨ですがお客さんが並んでいますね。

20140628-02

 

店内はこんな感じ。

20140628-03

 

中に入るとL字型で意外と席数はあります。

20140628-04

 

これがメニュー。といかランチのコース。単品で頼もうとも思いましたが,ランチで十分とのこと。

20140628-05

 

ピッツァのメニュー。お目当ての「ディアヴォラ」は当然頼みます。

20140628-06

 

もう1つは「プローヴォラ」。モッツァレラチーズの燻製が美味しそうです。

20140628-07

 

これはホワイトアスパラガス。この季節のものですね。グリーンのよりもさっぱりしていて美味しいです。

20140628-08

 

これは生ハム。定番と言えば定番です。ランチコースなので少な目でしょうか。でもこれで十分です。

20140628-09

 

まずは「プローヴォラ」。普通サイズ(30㎝)ですね。

20140628-10

 

良い感じです。結構焦げ目が付いています。

20140628-11

 

耳はあまり厚くないかな。でも薄い訳ではありません。

20140628-12

 

裏はこんな感じ。焦げ目はあまい感じ。

20140628-13

 

思ったとおりモッツァレラチーズの燻製が美味しいです。これは良い感じです。良い選択でした。

 

これは「ディアヴォラ」。辛さがちょうどいいです。やはり記憶に間違いはありませんでした。美味しいです。「ディアヴォラ」はどこにあってもおかしくないのですが意外とありません。辛さが丁度良いのも珍しいですね。あっても,あまり辛くはない感じがします。

20140628-14

 

ここは突出したというか,すごく特徴があるという訳ではありません。でもこの「ディアヴォラ」は良いです。「ディアヴォラ」を食べるならここでしょうね。少し遠い感じもしますが北千住からは電車の乗り換えはありませんので,本でも読んでいればすぐ着きます。

 

これはおまけ。東急世田谷線。

20140628-15

 

何か電車の色も違いますね。西側は感じが違います。ただ東京に住んで30年以上の姉に言わせると「世田谷って違うんだよね」とのこと。そう言われてみればそうも知れません。西側の方の中野や高円寺と比べても感じが違います。世田谷は独特のものがあるのでしょうか。

20140628-16

 

今回もピッツェリアでしたが,まだまだ行きます。いくら食べても飽きません。次は「上野広小路」駅の「ファンタジスタ」に行こうと考えています。

今年も葛西へ

今年も出ます。葛西臨海公園7時間走。ゼッケンが送られてきました。

20140627-01

 

去年はまさに梅雨明けの日で暑い中を走りました。私は風が嫌いなのですが,この日ばかりは「臨海」公園のために海風があったのには助かりました。途中歩いてしまったのはどうかと思いますが,あの暑い中,そうでなければ7時間走るのは難しかったでしょう。

 

また去年は初参加だったため勝手が分からず,給水はエイドステーションがあるので何とかなると思い,普段使っているハイドレーションは持っていきませんでした。ですが今年は給水は自力でやることにますので持っていきます。

 

こういうものです。ナップザックの中に給水のビニールタンクが入っています。右上が飲み口で,ホースで吸います。これはSalomon社の製品で「Advanced Skin Slab-5set」というものです。体にフィットして揺れないので走り易いです。1.5ℓの水が入るので夏のランニングには欠かせません。先週の駒沢公園の練習会でも使いました。

 

20140627-02

 

今のところは去年程は暑くならないような気がしますから,もっと距離は伸ばせるでしょう。あまり無理をするとその後に響きますので気を付けようと思いますが,5分/㎞くらいのペースで走って80㎞を目指そうと思います。さてどうなることやら。

他にやることがあるでしょう

最近,東京都議会で女性議員に対する野次が問題にされていました。新聞では野党の追及が甘いとかどうとかの記事もありましたが,そういうのはもういい加減にしたらどうでしょうか。

 

問題となった野次は「早く結婚した方がいい」「子どもを産めないのか」「まずは自分が産めよ」とかの酷いもので話にもなりません。誰が言ったんだ!と責任を追及するの無理からぬことではあります。

 

ですがそれは都政の本筋の部分ではありません。責任の追及だ!などといつまでもやっていては,本来やるべこととがきないでしょう。ですからある程度のところで,言われた方が「都政が停滞しますので,この辺で止めます」と幕引きをしても良いくらいでしょう。その方がかえって評価が高まったのではないでしょうか。

 

そもそも内容にかかわらず野次を飛ばすこと自体あっていいことではありません。言いたいことがあるのなら正規の手続きで発言をすれば良いのです。野次とかの不規則発言を禁じて処分の対象にすれば良いのではないですか。

 

こういう責任の追及の仕方は,都民や国民を置き去りにした党利党略に思えてなりません。他にやることがあります。もういい加減にしてもらいたいものです。

駒沢公園練習会

駒沢公園でランニングの練習会に参加してきました。駒沢公園は,あの川内優輝氏も練習しているというところでランニングのコースも色分けしてあります。走っているランナーもかなりの数らしく,前から一度行ってみたいと思っていました。

 

集合時間は土曜日の朝7時30分。普通に考えれば恐ろしく早い時間ですが,早朝に走っているランナーも少なくありませんので常識的です。当然,私も問題なかったはずです。

 

ですがちょっと遅れました。半蔵門線に乗ったところまでは良かったのです。予定なら10分以上前に集合場所に行けるはずでした。ですが電車が「駒沢大学」駅では止まりません。「急行」に乗っていたのでした。おかげで「二子多摩川」駅まで行ってしまいました。もう田舎者丸出しです。しかも戻りの電車も「急行」で,また「三軒茶屋」駅へ。

 

電車に乗っていたので間に合いそうにないので,タクシーで集合場所に向かいました。このタクシーもなかなか来なかった。しかも時刻を気にして何度も確認していたせいで,携帯電話をタクシー内に忘れる始末。もうトホホです。とは言え何とか合流はできました。

 

駒沢公園の全体はこんな感じ。

20140621-13

 

でランニングコースはこんな感じです。黄色の線の内側がランニングコースです。木陰があって夏でも走りやすいですね。この写真ではあまりランナーはいませんが,実際は大勢のランナーが走っていました。

20140621-14

 

広い公園だけあって変わった部分もあります。「ぶた公園」?

20140621-15

 

まあ確かにブタですね。でもなぜブタ?

20140621-16

 

練習会の後はアフターに参加できず,携帯電話を回収するので大変でした。公衆電話で連絡するのがこんなに大変だとは。「携帯電話がないとこんなに不便か」とつくづく思いました。

 

結局,「桜新町」駅の営業所まで引取りに行きましたが,もうこの駅で降りることもないでしょう。でもそのせいで良いピッツェリアにも行けました。怪我の功名ですね。

こりゃデカイ

今回は東急田園都市線「駒沢大学駅」近くの「ラ・ビコッカ」(世田谷区上馬4-5-1 ℡03-3410-7700)に行きました。

 

この日は駒沢公園でランニングの練習会に参加したのですが,終了後のアフター(食事会)には参加できませんでした。タクシーの中に携帯電話を置き忘れてしまい,その回収をしていたのです。ただ置き忘れたタクシーが戻るのに時間がかかるとのこと。そこでピッツェリアを探しました。ありました。駅のすぐそばに。

 

外観はこんな感じ。良い感じですね。

20140621-01

 

中は意外と広いです。

20140621-02

 

厨房です。

20140621-03

 

入口の辺りにピッツァ窯が。ちょうど職人さんがピッツァを焼いているところですね。

20140621-04

 

これがメニュー。ランチ用ですがこれで良さそうです。

20140621-12

 

前菜は「フリターッタ」。イタリア風のオムレツです。

20140621-05

 

これは「サラーメ」。リコッタチーズとサラミが追加されたものですが。これは大きいんです。この写真では分かりにくいですが。

20140621-06

 

比較する対照があると分かりやすいですね。ワインボトルと比べてください。こりゃーデカイ。耳の部分も大きいです。というか巨大。

20140621-07

 

本当に大きく厚いですね。これは期待できますね。

20140621-08

 

厚い耳。

20140621-09

 

焦げ具合も良い感じ。

20140621-10

 

ちょっと裏返してみました。これをやると具がずれたり落ちたりするのであまりやりたくないのですが。あえてやってみましたが,裏側も良い感じに焦げていますね。この焦げたところが良いんですね。

20140621-11

 

見たとおりに美味しいピッツァでした。耳も大きくて良い感じでしたし。これはお勧めでしょう。ただちょっと大き過ぎるかなという気もします。かなりのボリュームがあるのでお腹が一杯になります。今日はピッツァをお腹一杯食べたい!という日に行く感じでしょうか。

 

それにしても探せばまだまだいろんなピッツェリアがあるのですね。行って良かった。携帯電話を置き忘れて回収するのにも手間がかかりましたし,アフターに参加できなかったのも残念でしたが,良いお店に行けたので良しとしましょう。

ちょっと分からなくなってきた

ピッツァも色々食べているとちょっと分からなくなってきました。

 

というのもサイズが大きい方が耳の部分が厚くなって焦げも良い具合だと思っていたのですが,必ずしもそうではないような気がしてきたからです。自分で撮った写真を見てそう思いました。

 

これは小ぶりな「デ・イチバ」のピッツァ。結構焦げていますね。

20140613-09

 

これはフルサイズの「ヴォメロ」のピッツァ。良い感じに焦げていますが,「デ・イチバ」と比べて極端には変わりません。耳の部分の厚みは明らかに違いますが。焦げ具合に比べれば具の部分の違いの方が分かりやすいくらいです。

20140615-13

 

でも食べたときの感じは大分違うんです。まあ耳の部分が大きいと「表面積」が違いますから裏側の方も含めると「焦げの部分の面積」が違うせいかもしれません。裏返して見ることはしないので「そうかも」というレベルですが。

 

この2店と比べると「ダ・チーボ」のピッツァは明らかに焦げが甘いので分かりやすいのですが。しかもこうして比べると耳の厚みの違いも歴然としていますね。写真を撮って比べると面白いですね。

20140614-07

 

私は美味しければ良いので食べながら分析はしませんが,改めて見てみるとちょと分からなくなってきたというところはあります。

 

何でもそうですが,あまり経験がないと違いが分かるのですが,少し経験が増えてくるとちょっと分からなくなってきます。そしてまた経験を積むと本当に違いが分かってきます。ピッツァに関しては「ちょっと分からなくなってきた」というレベルなのでしょう。

 

でも「自分が分かってない」ということを分かるというのが必要なことですからこれで良いのです。「自分が分かってない」ということが分からない,これを「馬鹿」というのですから。

ピッツァ愛3日目

今日で3日目です。ピッツァ。東銀座の「ヴォメロ」中央区銀座3-12-8 ℡03-6278-8984)です。

 

外観はこんな感じ。結構席数は多いですね。2階もあります。予想よりも大きいです。ですが金曜日の夜とかは予約が一杯で取れません。休日の昼間は取れますが。というか予約なしでも入れたようです。場所柄,会社帰りに寄る人たちが多いということでしょうか。

20140615-01

 

20140615-02

 

案内されたのは2階。結構広いです。

20140615-03

 

メニューは2つのコースから選ぶとのこと。夜も同じかどうかは聞きませんでした。とりあえずは前菜とピッツァが食べられれば良いと思ったので。

20140615-04

 

前菜はハムとサラミの盛り合わせとナスとチーズのオーブン焼きにしました。ピッツァは定番の「マルゲリータ」と初めて見る「ジョルノ」を。

20140615-05

 

今回はパスタやメインはなし。あくまでピッツァということで。

20140615-06

 

これはデザートと飲み物。

20140615-07

 

これはワインリスト。結構なかずのワインが用意してあります。

20140615-08

 

20140615-09

 

これは生ハムとサラミ。単品の場合よりも量はかなり少ないですね。普通はもっと多いですから。ちょっと物足りないかな。でも1人だとちょうど良いかもしれません。

20140615-10

 

これは付け合わせのパン。普通です。

20140615-11

 

これはナスとチーズのオーブン焼き。美味しいです。これは次のピッツァに期待が高まります。ただこれまでの2日間のお店のようにサイズが小さかったらどうしようかと。2日続くと,ちょっと不安になります。

20140615-12

 

来ました。良かった普通サイズです。これだと耳も厚くて焦げも良い感じになります。やっぱりこれですよ。食べてみても良い感じ。焦げともちもちとで蕩けます。

20140615-13

 

これは断面。これくらいの厚みがないと堪能できません。今日は普通サイズで良かった~

20140615-14

 

これは「ジョルノ」。緑色であまり見ませんが,食べてみると良い感じ。モッツァレラチーズも燻製されていて香りが良いです。気に入りました。

20140615-15

 

ようやく3日目で普通サイズを食べることができました。ここは気に入りましたね。席数が多くても埋まってしまう。人気があるのも良く分かります。ここは実は「料理王国」という雑誌で見つけて来てみました。今までは料理系の雑誌はほとんど見ませんでしたが,最近よく見るようになりました。

 

相変わらず体重の制限はしているのですが,楽しむときには楽しまないと。愚痴ってもしょうがないですが,仕事では酷いことの方が多いですから。またどこかピッツェリアを探してみましょう。

ピッツァ愛2日目

昨日に引き続き今日もピッツェリアです。「ダ・チーボ」です。行ったのは「コレド日本橋」の中にあるお店(中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋4F TEL03-3272-6855 FAX 03-3272-6856)です。

 

「コレド」は三井不動産がやっている商業ビルで,今は「コレド室町」は話題になっていますね。最初にできたのは「コレド日本橋」で,私も結婚当初に夫婦で何回か行きましたが,それっきり行っていませんでした。今回は,東京の東側で更なるピッツェリアの開拓を思い立ち,久々に「コレド日本橋」に行ってみたのです。

 

外観はこんな感じ。ビルの中のお店ですから,隣のお店と外観は似ていますね。

20140607-01

 

仕切りはなくオープンカフェっぽいスタイルです。

20140607-02

 

ピッツァ窯もあります。当たり前ですが。ちょっと分かりにくいですが奥の方青っぽいのがピッツァ窯です。

20140607-03

 

ピッツァの種類は多いです。まあ上に乗っている具が違うだけと言えばそうなのですが。

20140607-04

 

こちら側のページはモッツァレラチーズがベースのピッツァですね。

20140607-05

 

これは前菜で頼んだ「カポナータ」。「ナポリタン」と感じの似た名前なので店員にどんなものか聞きました。一旦は野菜を煮で,これを冷ましたものだそうです。これは結構美味しいですね。割とさっぱりしていますし。私にはアンチョビ入りソースのバーニャカウダより良いです。

20140607-06

 

これは辛いサラミソーセージ入りのディアボラ(悪魔)とういピッツァです。辛いサラミを乗せるだけなので,どこになっても良さそうなのですが,意外とないこともあります。私は辛いのが好きなので,これあれば頼むことがあります。

20140607-08

 

しかし問題は大きさでしょう。これは「デ・イチバ」よりも分かりやすいですね。お皿に比べてピッツァが小さい。寂しすぎます。昨日に引き続いてこの大きさとは,見てがっかりしました。食べてみてもやはり物足りません。やっぱりピッツァは耳の部分が大きくないとダメです。耳が小さいと焦げも甘くなります。良いことなし。

20140607-07

 

「デ・イチバ」は和牛にもちからを入れているトラットリア的なお店なので「まあ仕方がないか」という感じはしますが,こちらはそれほど特徴がある訳ではありません。美味しいのではありますが,わざわざ来る店ではないというのが私の評価ですね。

 

いくつか開拓したせいか日本橋界隈でも他にも行ける店はあります。何より耳が小さいのはダメです。「イル・タンブレロ再訪」でも書きましたが,「イル・タンブレロ」でも「昼はもう行かないかな」と思っているくらいです。まあ今度,昼に行くことがあったら「夜のメニューを」と我儘を言ってみるつもりですが。

 

それにしても私もピッツァ愛に目覚めてしまいましたね。2日目となっていますから当然あります。3日目が。

ピッツァ愛

今日は新しいピッツェリアです。ネットで調べて行ってみました。八丁堀にある店「デ・イチバ」(中央区八丁堀2丁目30−17亀島橋ビル1F ℡03-6803-0861)です。

 

地下鉄日比谷線「八丁堀駅」のA4出口から1分くらいの川沿いの建物の1階にあります。

20140613-01

 

何故か牛の看板が。ここは和牛を使って肉にも力を入れているようです。

20140613-02

 

入ってみると店内は意外と広いです。

20140613-03

 

20140613-04

 

外は川ですね。こういう雰囲気もありですね。良い感じです。

20140613-05

 

20140613-06

 

これはカプレーゼ。定番です。ただこのトマトはあまり甘くありませんでした。最近のトマトは糖度が高くて果物のようなのが多くなってきていますから,ちょっと期待外れという感じはしました。

20140613-07

 

これはバーニャカウダ。真ん中のソースに野菜を付けて食べます。ちょっと生臭い感じがしたので,後で調べてみたら案の定アンチョビが入っていました。ちょっと気になっただけでダメということはありませんが。

20140613-08

 

これは定番のピッツァ「マルゲリータ」。初めて行ったところでは大抵これを頼みます。比較の基準になります。これはLサイズなのですが,ちょっと小ぶりな感じでした。写真では分かりにくいですが,やはり端の耳の部分の厚みがほんの少し足りない感じです。十分美味しいのですが「これだ!」という感じはしませんでした。

20140613-09

 

これは和牛のラグー(要はミートソース)のピッツァです。これは文句なく美味しかった。これは初めて食べました。「これだ!」という感じでした。他のお店では見たことがないので,ここに来る理由になりますね。肉に力を入れているのが良く分かりました。お勧めです。もっとサイズが大きいともっと良いのですが。

20140613-10

 

「デ・イチバ」なかなか良いお店でした。また来たくなりました。ピッツァに関してはサイズが少し小さいのが玉に瑕ですが。

 

とは言え,ここはピッツァがメインという訳ではないようです。リストランテより少し安めの価格帯の「トラットリア」にピッツァもあるという感じがします。和牛にも力を入れているようですし。ピッツァだけでお腹が一杯にならないようにという考えではないかと思います。ここは和牛の肉も良さそうなので,また来たときは違う料理も食べてみましょう。

 

これは2件目に行ったビヤホール。色々な種類のビールがありました。飛び込みで行ったのですがこれも良かったです。「HACHI」(中央区八丁堀1丁目11−6 ℡03-5541-1333)

20140613-11

 

20140613-12

 

これは枝豆のガーリックソテー。枝豆は珍しいですが,ソテーするのは珍しいですね。しかもにんにくとは。これも美味しかった。ビールにも合いました。ここもまた行ってみようと思える店でした。当たりです。

20140613-13

雨の中のランニング

梅雨の季節です。この時期は雨の中を走ることになります。雨の日は休みたいところではありますが,そうすると休みが多くなってしまうので,雨でも走ります。

 

雨の日曜日。少し早い時間帯だというのもありますが,木場公園にも人はいませんね。それが普通。

20140608-01

 

来ている人もいます。何かイベントをやっているようですが,橋の下です。これも当たり前。

201400608-02

 

雨でスカイツリーも全然見えません。雨雲にすっぽり覆われています。

20140608-03

 

この時期は紫陽花の季節でもあります。

20140608-04

 

紫陽花はいろいろな色に染まりますね。

20140608-05

 

青はよく見ますね。

20140608-06

 

白いのは少し珍しいかも。

20140608-07

 

これは染まりかけのやつですね。こういうのも良い感じです。

20140608-08

 

これは綺麗な紫色。この季節は紫陽花が良いですね。雨も悪くないかも。

20140608-09

 

木場公園の北側には東京都現代美術館があります。現代美術は分かりにくいというか,良いと思えない,へんてこりんなものが多いので実際に行って見たのは1回だけです。外観を見るのは100回以上なのですが。

20140608-10

 

雨はどうしても憂鬱な気分になります。じめじめして不快でもありますし。しかし梅雨が明けるとまたあの灼熱地獄がやってくるのでしょう。そっちのほうがもっと憂鬱です。今年は冷夏という予報もありますが,とてそうは思えません。どうなることやら。