今年は散々だった

今年も残すところ2週間程となりましたが,改めて思い返してみると今年は散々の結果でした。

 

1日11日  谷川真理ハーフマラソン        邪風のため棄権

2月8日   いわきサンシャインマラソン     3時間9分36秒

3月15日  古河はなももマラソン         3時間29分41秒

5月10日  鹿沼さつきマラソン                    1時間26分21秒

6月14日     いわて銀河チャレンジマラソン  50㎞手前で棄権

7月26日  葛西臨海公園7時間走        52㎞で打ち切り

9月27日  渡良瀬遊水地ハーフマラソン   1時間27分9秒(正味タイム)

10月25日 太田スバルマラソン          1時間25分45秒

11月23日 大田原マラソン             3時間30分53秒

 

全て去年よりもすごく悪いです。良いところは一つもなかった。何もしなかったのならともかく,練習していてこれですからちょっとへこみます。

 

ただワースト記録を更新してしまった大田原マラソンではほとんど気落ちはしませんでした。疲労が抜ければ良し,そうでなければ駄目でもしょうがないと思っていたからです。

 

仕事によるものもありますが,今年は疲労が抜けた状態で走れた大会は一つもありませんでした。練習もそうです。疲労がない状態でできた練習は思い出せない程です。

 

振り返ってみると,良くそんなことをやっていたなとも思います。何だかいつも同じことを繰り返しているようですね。

 

とにかく疲労を抜いてしまわないとどうにもなりません。今も練習はしていますが,以前と比べると「短い」ものしかやっていません。それでも疲労がすぐに抜けるという訳ではありません。相当に疲労を貯めてしまいました。

 

もう少しで冬休みになります。私のような個人事務所では5月の連休,夏休み,冬休みは長めになります。開けていてもお客さんはほどんど来ませんし,休めるときに休んでおかないと私が持ちません。

 

ですからこの冬休みまでにも疲労を抜きながら休み明けにまともに走れるようにしたいものです。無理をせずにハイテクマラソン(谷川真理ハーフマラソンを改題)で記録が更新できる良いのですが。